名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

スティーヴン・ホーキング『人は、人生が公平ではないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。そしてただ、自分の置かれた状況のなかで最善をつくすべきだ。』

スティーヴン・ホーキング


イギリス理論物理学者 スティーヴン・ホーキング画像


確かに彼が言うなら傾聴しなければならない。だが、『公平』とはどういう意味だろうか。『一部だけに分厚くしない、偏らない』という意味である。

 


画像

 

そう考えると、確かにその通り、この世には環境や能力の差異がある。差別、病気、貧困、格差、この世にそれは、確かに在る。

 

しかし、『機会は平等に。処遇は公正に』という言葉もあるのだ。平等、公平、公正。同じように見えて、意味が違う。

 

人には誰でも、悩みやコンプレックスや弱点がある。だがそれはもしかしたら、『隣の芝生は青く見える』だけなのかもしれない。あの人には無く、自分には有る。そんなものが自分に一つでも、ないだろうか。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

黄金律

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。

 

仏教の開祖、釈迦は言った。

『天上天下唯我独尊』だと。

 

これは、『自分はこの世で最も崇高な、神なのだ』という意味ではない『この世に自分という存在はたった一人しかいない。唯一無二の人生を、悔いの無いように生きるべし。』という、真理を突いた言葉なのである。

 

公平ではないということを悟った後は、しかし機会は平等に与えられていて、処遇は公正にされるべきだという真理を知り、それが遂行されていない世の中にいるのであれば、それが遂行される世の中にするよう、働きかける使命を理解するべきである。

 

何しろ、それを悟ったのだ。そんな人間の見識は、優れている。それはつまり、リーダー(指導者、案内人)にふさわしいことを意味しているのだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

19.『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。

人間は皆、ダイヤモンドだ。いや、それ以上の価値があるのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

スティーヴン・ホーキング『人は、人生が公平ではないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。そしてただ、自分の置かれた状況のなかで最善をつくすべきだ。』



↑ PAGE TOP