目次

トマス・ヘンリー・ハクスリー『あらゆる教育のなかでもっとも大切な成果は、好むと好まざるとにかかわらず、やるべきときに、やらなければならないことをする能力を身につけることだろう。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ある高名な学者は、『天才』の定義をこう説明している。

『適切なタイミングで、 適切な意見を、 適切に説明できる人間。』

 

これがなかなかできない。往々にして『適切なタイミング』とは、答えが出そろっているときではなく、人々が頭を悩ませ、言葉を失い、路頭に迷いつつあるとき。その時に、どうすればいいかという『模範解答』を、皆の心に届くように説明するのだ。容易ではない。だが、それなら『天才』の名にふさわしいことも合点がいくはずである。

 

トマス・ヘンリー・ハクスリーの、

『やるべきときに、やらなければならないことをする』

 

という言葉の意味も同じだ。『教育』という言葉の意味は、『ある人間を望ましい姿に変化させるために、心身両面にわたって、意図的、計画的に働きかけること。』である。『望ましい姿』というのはもちろん人それぞれだが、だが『人として』生きているなら、やるべき責務や使命がある。

 

国民の義務や子孫へのバトンタッチや、それが出来ない事情にある人でも、知の継承をする使命を持っているのだ。戦争という無知を連鎖させることがあってはならないことは、少し考えれば見えて来る事実だ。

 

戦争

 

ということは、どちらにせよそれが能率的に行えるように、指導者は『教育』するべきであり、それがもっとも上手くいった結果が、『天才の完成』なのである。だとしたら指導者は『天才を育てる為』に『教育』をすることを意識する必要があり、どんなジャンルでもいいが、対象者を『分野の天才』に育て上げることが責務であることがわかる。天才を目指し、天才を育てる。それぞれのそういう思いが、カギを握る。

 

天才を目指さなくてもいいが、ハクスリーの言葉を実行しようと思うなら、そこにいるのはどちらにせよ『やるべきときにやるべきことをする人間』であり、それは結局天才ということになる。

 

結局天才

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

 

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『『生きる』ということの本当の意味とは。』