名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

錦織圭『少しずつ目標を高いところにおいて、徐々に上がっていければいいんじゃないかと思います。』

錦織圭


日本プロテニスプレイヤー 錦織圭画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


人間が成長したと言えるのは、『階段を一つ以上上がった』ときである。同じ位置の階段に停滞していたら、それは『成長』とは言わない。文字通り『停滞』であり、『足踏み』である。

 

人はまず大きなゲシュタルト(人格)設定をする必要がある。

 

 

ゲシュタルトの破壊と創造』とは、難しい話でも何でもない。10年後の自分のゲシュタルト(人格)を設定する。それは当然、今のゲシュタルト(人格)ではない、成長したゲシュタルトである。

 

そこに到達する為には、今までの自分ではダメだ。今までの自分が取っていた行動とは、違う行動を取らなければならない。そうでなければ、10年後も、今の自分とほぼ変わらないゲシュタルトになるからである。


 

錦織圭の言うように、単純にこの作業を淡々と繰り返していけばいい。

 

シラーはこう言い、
『単純なことを完璧にやり続ける忍耐力の持ち主だけが、偉大なことを成し遂げる。』

イチローは言った。
『確かな一歩の積み重ねでしか、遠くへは行けない。』

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『『絶対』などない。だが、『それでも絶対にやってやる』という気持ちだけが、未来を切り開くのだ。』

 

 

黄金律

『『運気に期待する』のではない。『気運を呼び込む』のだ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『危機が完全に去ることを待つのではない。この一生を悔いの無いように航海するのだ。 』

 

 

 

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

 

 

錦織圭『少しずつ目標を高いところにおいて、徐々に上がっていければいいんじゃないかと思います。』


スポンサーリンク

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『勝つのもいいけど、すっぱり負けるのも悪くないよ。』

 

『前に勝ったことは自信になるが、その時よりも、今回の方が、より勝てる可能性は広がっている。』

 

『まずは目の前のボールだけ集中する。一瞬一瞬、自分にやれることをやろうと考えて。』

 

『試合に勝つだけじゃなくて、どうにかしてテニスを楽しもうと自分でもしてるんだろうと思います。言葉で説明するのはたぶん無理ですね。』

 

『ネットの向こう側に誰がいようと気にしない。』

 

『やりたいプレーと勝つプレーが違うので、今、自分と闘っています。』

 

『格好悪くても、勝つことが一番大事。』

 

『自分で天才って感じることはないです。そんなにすごい人間だとは思っていないので。』

 

『ライバルや各上の相手を尊敬し過ぎるなと言われたのを覚えています。』

 

『体力をなるべく使わないことが優勝へのカギ。』

 

『本番のゲームでしか体験できないことがある。そして、それを体験することが自分をより高めることになるんです。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP