名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

やなせたかし『本当の正義というものは、決して恰好のいいものでは無いし、そしてそのために必ず自分自身も深く傷付くものです。』

やなせたかし


日本漫画家 やなせたかし

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ノーマン・メイラーは言った。

『本当に大事なことで、格好つけたままやれることは一つもない。』

 

自分の命や、私利私欲、利益やメリットを度外視してまで、何かに貢献することが出来るかどうか。全ての命は、そういうテーマをこの一生に与えられているのである。

 

しかし、それをやったところで、やらなかったところで、結果は皆同じだ。皆必ず、間違いなく死んでしまう。従って、やってもやらなくても同じように見える。だからこそやらないし、『それをしないと死んだ後ひどい目に遭う』という宗教がなければ、わざわざ自分の命を削ってまで、他に貢献する発想は生まれないだろう。

 

やなせたかしは、クリスチャンだ。

 

 

ソクラテス・イエス・ブッダ 三賢人の言葉、そして生涯』にはこうある。

 

---------▼

 

イエスが死んだのは、神が苦しみを必要としたからではなく、ただイエスが『父なる神の思し召し』と呼ぶものをひたすら愛し、それに従おうとしたからである。イエスは真実を伝えるために遣わされたのであり、その真実の証を貫き通したから、死ななければならなかった。ソクラテスと同様、イエスの言葉が死後二千年経った今も正しい教えとして心を打ち、生き生きと感じられるのはそのためであろう。

 

---------▲

 

彼の思想にイエス・キリストの人生が影響していることは間違いないだろう。何しろ、『アンパンマン』のモチーフは、このイエス・キリストなのだから。

 

孔子も、今でこそ中国を代表する大学者や聖人とされているが、同時代人の多くからは、出来もしないことをしようとしている、身の程知らずや物好き扱いされていた(憲門第十四-四十)。

 

ブッダも、カースト制度を否定したことで、バラモン教から白い目を向けられていた。

 

この辺りに、『真実の正義』のヒントがある。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『大変という字は大きく変わると書く。大きな変化を自分に期待する人間が、大変な思いを避けてどうする。』

 

黄金律

『逆に、なぜ一本道だと思ったのか。』

 

 

黄金律

『いくら押しても開かないドアがあるなら、それは『引きドア』だ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

黄金律

『真っ白で、綺麗で、勝者でいられるって、そりゃあそうだろう。黒に触れなきゃ、白くいられる。』

 

 

 

『真っ白で、綺麗で、勝者でいられるって、そりゃあそうだろう。黒に触れなきゃ、白くいられる。』

 

 

 

やなせたかし『本当の正義というものは、決して恰好のいいものでは無いし、そしてそのために必ず自分自身も深く傷付くものです。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『アンパンマンは世界最弱のヒーロー。』

 

『生きていることが大切なんです。今日まで生きてこられたなら、少しくらいつらくても明日もまた生きられる。そうやっているうちに次が開けてくるのです。』

 

『今の日本も昔の日本も同じ。絶えず激動しているんだ。世の中というのは、決して静かにならない。』

 

『一瞬を一生懸命生きるということと、目の前にいる人を喜ばせる。毎日、それをやっていきます。それしかありませんね。きっと、これからも。』

 

『一日一日は楽しい方がいい。たとえ十種の病気持ちでも、運は天に任せて、できる限りお洒落もして、この人生を楽しみたい。』

 

『自分を犠牲にしても人を助けなきゃいけないという時があるんですよ。』

 

『正義とは実は簡単なことなのです。困っている人を助けること。ひもじい思いをしている人に、パンの一切れを差し出す行為を「正義」と呼ぶのです。』

 

『バイ菌は食品の敵ではあるけれど、あんパンを作るパンだって酵母菌という菌がないとつくれない。』

 

『何が君の幸せ?何をして喜ぶ?わからないまま終わる、そんなのは嫌だ。』

 

『自分はまったく傷つかないままで、正義を行うことは非常に難しい。』

 

『芸術映画でなくても、見る人の心に残るメッセージは必要不可欠、それが僕の作品を作る上での信念なんです。』

 



↑ PAGE TOP