名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ラッセル『酩酊は一時的な自殺である。』

ラッセル


イギリス哲学者 ラッセル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『酩酊(めいてい)』とは、飲酒などによってひどく酔うことを意味する。では、その酩酊が、一時的な自殺だというのは、どういうことだろうか。

 

キケロは言った。

『瞬間も義務なき時なし。』

 

そこに書いたのは、こういうストーリーだ。

 

---------▼

 

例えば、海辺で仲間と楽しく酒を飲んだとしよう。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    ラッセルの言葉を自分のものにする



    久々の仲間との馬鹿騒ぎだ。いやあ、楽しかった。普段、仕事に追われる毎日で、本当に大変だったのだ。今日ぐらいは良いだろう。明日も休みだ。パーッと騒いで、いいリフレッシュをして、また仕事のことは後で考えれば良い。とにかく今日は楽しまなきゃ損だ。

     

    気づけば砂浜で寝ていた。そろそろ帰ろうか。飲みすぎて頭が少しくらくらするが、明日は休みだ。家でゆっくり休もう。皆とお別れをして、車に乗り、エンジンをかけて人気のない薄い山道を走った。

     

    ─そのときだ。

     

    ボゴッ、ガガガッ!!

     

    車内に鈍い音が鳴り響き、車体が大きく揺れた。嫌な予感がして慌てて外へ出ると、そこには一人の少女が血だらけで倒れていた。

     

     

    頭が痛い。酒を飲み過ぎたせいだ。目の前に現実を理解するのに時間がかかる。これは夢なのか、現実なのか。

     

    ---------▲

     

    彼は酩酊していた。そして人を殺してしまった。しかし、我を取り戻したとき、その行為に対して後悔する自分がいた。だとしたら、彼は死んでいたのだ。彼という自我の意識はなかった。

     

    もちろん、法的にそのシナリオは通用しない。本当の精神障害だったなら、責任能力を問われることがないケースもあるが、飲酒運転なのだ。それは、いかなる場合においても、責任を問われる重い罪なのである。

     

    だが、彼が不本意で人を殺してしまったことも事実だ。しかし、酒を飲んで運転したということは、本心からやったことなのである。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

    得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

     

    黄金律

    『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

     

    黄金律

    『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

     

     

     

    ラッセル『酩酊は一時的な自殺である。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『諸君が自分自身に対して関心を持つのと同じように、他人が自分に関心を持っているとは期待するな。』

     

    『愛情を受け取る人間は、一般的に言えば愛情を付与する人である。』

     

    『世界の災いの一つは、何か特定のことを独断的に信ずる習慣である。理性的な人間なら、自分が絶対に正しいなどとむやみに信じたりはしないだろう。私たちは常に、自分の意見にある程度の疑いをまじえなければいけない。』

     

    『浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない。』

     

    『幸福になる秘訣をお教えしよう。できるだけいろいろなものに興味を持ち、物ごとであれ人間であれ興味を感じるものを無視せず、できるだけ好意的に接することだ。』

     

    『行いの悪い者に腹を立てるのは時間の無駄である。動かない車に怒るのと同じようなものだから。』

     

    『最も優れた愛は、互いに命を与え合うものである。』

     

    『政府がちょっと手を貸せば、どんなに馬鹿げた事でも大多数の国民が信じるようになる。』

     

    『何かをやれるという最良の証拠は、他人がすでにそれをやり遂げたという事実である。』

     

    『愛国心とは喜んで人を殺し、つまらぬことのために死ぬことだ。』

     

    『実際、人類の大半が愚かであるということを考えれば、広く受け入れられている意見は、馬鹿げている可能性のほうが高い。』

     



    ↑ PAGE TOP