名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

パブロ・ピカソ『ようやく子どものような絵が描けるようになった。』

パブロ・ピカソ


スペイン画家 パブロ・ピカソ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『ようやく子どものような絵が描けるようになった。ここまで来るのにずいぶん時間がかかったものだ。』

 

子供の様な絵と、子供が描いた絵。どちらが価値があるということは、周知の事実だ。だが、まるでピカソの言葉を聞くと、子供が描く絵の方が、価値があるという風な印象を受けるわけだ。

 

 

本当にそうだろうか。いや、全ての親にとっては、その通りだろう。

 

しかし、高い価格はつかない。高い価格がつかず、自分だけが良いと思っているのであれば、別にピカソじゃなくたって、誰だって描けるわけで、やはり画家として生きていく為には、高く買ってもらう方が良い。

 

今や日本の漫画界を席巻する『ワンピース』の作者、尾田栄一郎は言った。

『中学の時、写生大会で大満足の写真の様な絵を描いた。特選で当たり前だと思ったけど、入選。特選の絵は、中学生らしい元気いっぱいの絵だった。』

 

どうやらこの辺りに、ピカソの言葉のヒントが隠されていそうである。

 

また、岡本太郎は言った。

『芸術なんてもの、それを見極めて捨てたところから開けるものなんだ。』

 

見極めて、捨てる。これはほとんど、ピカソの言葉の意味と同じもののように見える。つまり、最終的には『子供の様な絵』に辿り着くが、それは別に、『子供が描いたような落書き』という意味ではなく、『子供の様に計算高くなく、純粋無垢』に絵と向き合ったかどうか、何の既成概念にもとらわれず、自由奔放に絵を描くことが出来たか、ということが『大人』に問われるわけで、大人でそれが出来る人間は『なかなかいない』のである。

 

とある100歳を超える美術家は、筆を取って、スラスラと筆を走らせたと思ったら、そこに書いたのは自分の名前だった。しかし、その名前というのが、普通の字ではなく、まるで木の枝を描いたようなそういう字で、

『字なんか読めればいいんだよ』

 

と言って、周りにいた人間が理解に苦しんでいたが、やはり、どうやらこのあたりに芸術のヒントがあるらしい。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

パブロ・ピカソ『ようやく子どものような絵が描けるようになった。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『私は貧乏人のように生きたい。たくさんのお金を持ちながら。』

 

『明日に延ばしてもいいのは、やり残して死んでも構わないことだけだ。』

 

『できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である。』

 

『私は捜し求めない。見出すのだ。』

 

『大切なことは、熱狂的状況をつくり出すことだ。』

 

『芸術は悲しみと苦しみから生まれる。』

 

『誰もが芸術を理解しようとする。ならば、なぜ鳥の声を理解しようとはしないのか。』

 

『子供は誰でも芸術家だ。問題は、大人になっても芸術家でいられるかどうかだ。』

 

『すべては奇跡だ。例えば、お風呂に入ったとき、あなたがお湯に溶けてしまわないことだって。』

 

『女の顔はキャンバスだ。毎日女は少しだけ若い自画像をそこに描いている。』

 

『いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ。』

 



↑ PAGE TOP