名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

パスカル『人間は神と悪魔の間に浮遊する。』

パスカル


フランス哲学者 パスカル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


人間には『聖性』と『魔性』が混在している。腸内には『善玉菌』と『悪玉菌』が混在している。宇宙には『光』と『闇』が混在している。

 

あるいは、『男(雄)』と『女(雌)』が対立して、生命が生まれる。『競合』と『競合』が対立して、感動が生まれる。『与党』と『野党』が対立して、混沌へのブレを抑える。そう考えれば、別にパスカルの意見も簡単に理解できる。

 

悲観視することではなく、むしろ肯定的にその事実を受け入れることが出来る。最初に言ったように、人間は神にもなれるし、悪魔にもなれる。

 

神=聖性=愛。

 

悪魔=魔性=煩悩。

 

聖書における『ヘブライ人への手紙』には、親が子を叱るとき、そこにあるのは、

『神が自分の聖性を子に与えようとしているからだ』

 

と書いてある。

 

聖性

 


それは『愛』だ。では虐待するとき、そこにあるのは、

 

『悪魔が自分の魔性を子に与えようとしている』

 

ということになる。

 

人は『聖性』と『魔性』の両面を備え持っていて、そのどちらにでも傾くことが出来る。教育者がそれをしっかりと子に教えないと、

 

(このまま魔性に身を任せるとどうなるんだろう)という好奇心の下、取り返しのつかない大事件を巻き起こしてしまうこともあるだろう。

 

それは『魔性』に憑りつかれた結果だ。つまるところ、教育者に『聖性』があるかどうかに全てはかかっている。

 

教育界はよく『聖職』と言われることがあるだろう。あれは、『聖性』を教える立場にあることを自覚する為の、善い言葉である。自分たちや対象者は、いつでも『聖性』にも『魔性』にも傾いてしまうことを自覚し、命を懸けて教育を行わなければならない。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

パスカル『人間は神と悪魔の間に浮遊する。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

パスカル関連の書籍

 

同じ人物の名言


『人間は、死、悲惨、無知を癒すことができなかったので、自己を幸福にするために、それらを敢えて考えないように工夫した。』

 

『国王の権利は、民衆の理性と愚昧のうえに基盤を持っている。でも、どちらかといえば、後者においてである。』

 

『多くの宗教家が互いに相反しているのをみる。だから、ひとつを除いて、他はみな虚偽である。どの宗教も、それ自身の権威に基づいて信じられることを欲し、不信仰者をおびやかす。』

 

『心情は理性の知らないところの、それ自身の道理を持っている。』

 

『思考が人間の偉大さをなす。』

 

『時は苦しみや争いを癒す。というのは、人が変わるからである。人はもはや同一人ではないのである。』

 

『真理が支配しているときに平和を乱すことがひとつの犯罪であると同様に、真理が破壊されようとしているときに平和にとどまることも、やはり、ひとつの犯罪ではないか?』

 

『知恵は知識にまさる。』

 

『神が存在するということは不可解であり、神が存在しないということも不可解である。』

 

『神を感じるのは心情であって、理性ではない。信仰とは、そのようなものである。』

 

『自然はそのすべての真理を、それぞれそれ自身のうちにおいた。我々の技巧は、それらの一方を他方のうちに閉じこめようとする。だが、それは自然的ではない。』

 

『誤った法律を改正する法律くらい誤ったものはない。法律は正義であるがゆえに従うといって服従している者は、自分の想像する正義に服従しているのであって、法律の本質に服従しているのではない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP