名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

糸川英夫『人生で大切なのは、失敗の歴史である。』

糸川英夫


日本工学者 糸川英夫画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ここで考えたいのは、まず何よりもエジソンの言葉である。

『私は失敗などしていないよ。1万通りのダメな方法を見つけただけだ。』

 

 

ダメだった過去や失敗例があるから、『その方法を取る』という選択肢が排除され、合理的な人間の判断や規範が完成されるのだ。

 

例えば自転車に乗った。コケた。なぜコケたのか。それを口で説明するのは難しくても、身体の細部が覚えた。そして、マスターした。体重移動なのか、バランス感覚なのかわからないが、『コケてしまう乗り方』を止めたのだ。排除した。だから、そうならないように身体中が指示をし、そして二度とコケないようになった。

 

私が原付に初めて乗った時もそうだ。理由あって私は無免許で、広い空地で、バイクにまたがると、バイクの前輪は大きく宙に浮かび上がり、そのままウイリーの形になって、横転してしまった。

 

 

私が焦って、バイクが進んだとき、アクセルを思い切り握ってしまったからだ。徐々に回していかず、いきなりフルスロットルでアクセルを回してしまうとそうなることを知らなかった。

 

以来、私はバイクでそういう行為を取ることは無かった。私の中で、『その方法を取る』という選択肢が排除されたからだ。そうやって、合理的な人間の判断や規範が完成されるのだ

 

つまるところ、失敗とは、合理的で突き詰められた判断をする為に、避けて通れないプログラミングの過程である。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク
『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『大変という字は大きく変わると書く。大きな変化を自分に期待する人間が、大変な思いを避けてどうする。』

 

黄金律

『逆に、なぜ一本道だと思ったのか。』

 

 

黄金律

『いくら押しても開かないドアがあるなら、それは『引きドア』だ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

黄金律

『真っ白で、綺麗で、勝者でいられるって、そりゃあそうだろう。黒に触れなきゃ、白くいられる。』

 

 

 

 

糸川英夫『人生で大切なのは、失敗の歴史である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

糸川英夫関連の書籍

 

同じ人物の名言


『頭の中に古い考えが頑張っていると、新しい情報が入ってくるのを拒否するから、せっかくの新しいメッセージも届かない。』

 

『「自分にできること」よりも、 「世の中が求めていること」に挑戦しつづけたほうが、人生も楽しい。』

 

『目標に向かって一段ずつ階段を上っていく上で、いちばん肝心なことは、必ず、最初の一段を上るということである。そしてまた次に一段上るということである。』

 

『時代感覚をシャープにするにはどうしても頭の中から旧型商品の在庫一掃をする必要がある。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP