名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ピタゴラス『自らを制し得ないものは自由たり得ず。』

ピタゴラス


古代ギリシャ数学者 ピタゴラス画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


モンテスキューは言った。

『自由とは、法の許す限りにおいて行動する権利である。』

 

これを考えただけで、自由の意味に大きく一歩、近づくことになる。例えば、『俺は自由だ!』と言って、店主の前で堂々と万引きしてみるといい。すぐに警察が来て、自由を奪われることになるだろう。

 

また、 日本文芸社『脳とカラダの不思議』にはこうある。

 

-----------▼

 

一般の動物は、育てやすい季節に出産を行えるように発情期というものが脳の中にプログラミングされているが人間の場合はいつでもセックスが可能だ。これは、脳の中の大脳皮質が深く関係している。

 

生殖に関するメカニズムを担っているのは脳幹にある視床下部であるが、人間の場合は大脳皮質の前頭連合野も性行動に深く関係している。

 

 

もし、視床下部だけに性行動が支配されているとしたら、人はひたすら欲望の赴くままにセックスを求めて、社会的な秩序はあっという間に崩壊してしまう。

 

-----------▲

 

人間が自制心を忘れ、社会的な秩序を乱してしまうと、人々の『自由(権限)』が脅かされ、人々はリスクにさらされるのだ。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ピタゴラス『自らを制し得ないものは自由たり得ず。』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ピタゴラス関連の書籍

 

同じ人物の名言


『子供たちを教育することで、人間を罰する必要はなくなっていくであろう。』

 

『人は、必要に迫られないと実力が活かされない。』

 

『沈黙することを学びなさい。静まった心に耳をすませ、吸収させなさい。』

 

『万事に先立って汝自身を尊敬せよ。』

 

『利欲は飽きることを知らず。』

 

人間の心は三つの部門、すなわち知力・理性・情熱に分けられる。知力と情熱は他の動物にも具備するも、理性は人間のみ具わる。』

 

『怒りは無謀をもって始まり、後悔をもって終わる。』

 

『この人生劇場において、観客たるべき神と天使のためにのみ勢力を蓄えておくべきなり。』

 

『己の寝台を己のための寺院とせねばならず』

 

『多くの言葉で少しを語らず、少しの言葉で多くを語れ。』

 



↑ PAGE TOP