名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

正岡子規『禅の悟りとは、いつでも、どこでも死ぬる覚悟ができることだと思っていたが、よく考えてみると、それは大変な誤りで、いかなる場合でも、平気で生きることであることがわかった。』

正岡子規


日本俳人 正岡子規画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『死ぬために生きる』のではなく、『死ぬときに悔いの無いように生きる』。そういう印象を強く持ち、命を使い切るイメージでこの一生に臨みたい。

 

ゲレルトは言った。

『ほがらかに死んでいくために、私は生きようと思う。』

 

そういう生き方が出来るのは、この世に未練や執着を残し、あるいは、遺恨や悔恨を残すような人間ではない。

 

その真逆であり、正岡子規の言うように、いかなる場合でも文句を言わず、むしろ、その唯一無二の自分の生涯に感謝し、思う存分生き貫き、命を全うすることを念頭に置いた人間なのである。

 

 

教育の神、森信三は言った。

『いやしくも生をこの世に受けた以上、それぞれの分に応じて、ひとつの心願を抱き、それを最後の一呼吸まで貫かなければならない。』

 

人間は確かに、いずれ必ず死ぬ。だが、それは人間に限らず全ての生命が同じで、それを、死ぬために生まれたと捉えるか、生きるためにこの世に生を受けたと捉えるかは、各人間次第だ。

 

ミズダコは、子供を産んだと同時に、自分の命を落とす。

 

 

『死ぬために生まれる』という悲観的な発想では、新たなる生命の為に、生命はここまでするだろうか。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

正岡子規『禅の悟りとは、いつでも、どこでも死ぬる覚悟ができることだと思っていたが、よく考えてみると、それは大変な誤りで、いかなる場合でも、平気で生きることであることがわかった。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『黙ってこらえているのが一番苦しい。盛んにうめき、盛んに叫び、盛んに泣くと少し苦痛が減ずる。』

 

『人の希望は、初め漠然として大きく、後、ようやく小さく確実になるならびなり。』

 

『病気の境遇に処しては、病気を楽しむということにならなければ、生きていても何の面白味もない。』

 

『明治維新の改革を成就したものは、20歳前後の田舎の青年であって、幕府の老人ではなかった。』

 

『たとえ、漢語で詩をつくるとも、西洋語で詩をつくるとも、はたまたサンスクリット語でつくるとも、日本人が作った以上は、日本の文学であることに間違いない。』

 

『良句もできるが、駄句もできる。しかし、できた駄句は捨てずに書きとめておかねばならない。自分のつくった句を粗末にして書きとめておかぬひとは、とてものこと、一流の作者にはなれない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP