名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

パスカル『国王の権利は、民衆の理性と愚昧のうえに基盤を持っている。でも、どちらかといえば、後者においてである。』

パスカル


フランス哲学者 パスカル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


そういう『違和感』を覚えた人は、何人もいるはずだ。民衆や従業員の『無関心』をいいことに、その隙間に入り込んで利用し、『賢い者だけが座れる椅子』に座り、表面では民衆のことを考えているように振る舞い、内心の底では(しめしめ)と思っている為政者や企業の役員、経営者がいる。

マキャベリもこう言い、

『民衆は頭をなでるか消してしまうかのどちらかにせよ。』

『大衆は常に外見だけを見て、出来事の結果によって判断する。』

ヒトラーもこう言っているが、

『民衆がものを考えないということは、支配者にとっては実に幸運なことだ。』

人を動かすということは、ある種の洗脳。『動機づけ』でも『道しるべ』でも何でもいいが、とにかくある種の洗脳をし、マインドコントロールをすることによって、大勢の意見の違う人の行動を一つにまとめたり、あるいは規範を植え付けさせて、枠の外に出ないようにし、管理する。

事実、それによる恩恵もあって、犯罪率が減ったり、パニックに陥って暴動に走ることもそれによって減らすことが出来るのだ。

例えば、『会衆、モッブ、パニック』という集団心理について考えてみたとき、

『会衆』とは、受動的な関心で集まった人達の事。『モッブ』とは、強い感情に支配された集団の事で、暴動が起きるケースなどにあたる。『パニック』は、突発的な危険に遭遇して、群衆全体が混乱に陥ることであるが、

だとすると群衆に主体性はない。

主体性のないそういう『群衆』の『主』となり、司令塔となることで、『烏合の衆』から『目的意識を持った結束力の高い強い組織』へと昇華させることが出来るわけだ。

これらを考えた時、当然真っ先に思いつくのは『倫理的な問題』である。そのテーマといかにして向き合い、結論を出すかが、遥か昔から人間に課せられた、重要なテーマの一つである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

パスカル『国王の権利は、民衆の理性と愚昧のうえに基盤を持っている。でも、どちらかといえば、後者においてである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『人間は、死、悲惨、無知を癒すことができなかったので、自己を幸福にするために、それらを敢えて考えないように工夫した。』

 

『多くの宗教家が互いに相反しているのをみる。だから、ひとつを除いて、他はみな虚偽である。どの宗教も、それ自身の権威に基づいて信じられることを欲し、不信仰者をおびやかす。』

 

『心情は理性の知らないところの、それ自身の道理を持っている。』

 

『思考が人間の偉大さをなす。』

 

『時は苦しみや争いを癒す。というのは、人が変わるからである。人はもはや同一人ではないのである。』

 

『真理が支配しているときに平和を乱すことがひとつの犯罪であると同様に、真理が破壊されようとしているときに平和にとどまることも、やはり、ひとつの犯罪ではないか?』

 

『知恵は知識にまさる。』

 

『神が存在するということは不可解であり、神が存在しないということも不可解である。』

 

『神を感じるのは心情であって、理性ではない。信仰とは、そのようなものである。』

 

『自然はそのすべての真理を、それぞれそれ自身のうちにおいた。我々の技巧は、それらの一方を他方のうちに閉じこめようとする。だが、それは自然的ではない。』

 

『誤った法律を改正する法律くらい誤ったものはない。法律は正義であるがゆえに従うといって服従している者は、自分の想像する正義に服従しているのであって、法律の本質に服従しているのではない。』

 



↑ PAGE TOP