名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

チャーチル『未来のことは分らない。しかし、我々には過去が希望を与えてくれるはずである。』

チャーチル


イギリス政治家 チャーチル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


マルクス主義の創始者マルクス

『歴史は繰り返す。最初は悲劇だが、二番目は茶番だ』

 

と言っていて、これは歴史、つまり先人たちの命や、積み上げた叡智を軽んじることの愚かさを戒めている。

 

過去の歴史を軽んじ、先人たちの遺した『知のバトン』をないがしろにする発言をする人がいるが、日本が世界に誇る漫画『ワンピース』、ニコ・ロビンに言わせれば、

『愚か者は極まってそう言うわ』

 

ということなのだ。

 

アインシュタインは言う。

第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからないが、第四次世界大戦で何が使われるかはお教えできる。石だ!

 

我々は先人たちの失敗を糧にし、先人たちの成功を足掛かりにし、一歩一歩未来を切り拓いていくしかない。いや、そうしていけば切り拓いていくことが出来る。

 

『未来のことは分らない。しかし、我々には過去が希望を与えてくれるはずである。』

 

立ち向かう

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク
『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

3.『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。

明日があるとかないとか、昨日までに何があったとか、そんなことは関係ない。先延ばしにするな。過去に執着するな。今、この瞬間を生きろ。まだ、生きている。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

チャーチル『未来のことは分らない。しかし、我々には過去が希望を与えてくれるはずである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことはすべてを失う』

 

『人生最大の教訓は、愚かな者たちでさえ時には正しいと知ることだ。』

 

『愉快なことを理解できない人間に、世の中の深刻な事柄がわかるはずがない。』

 

『私は楽観主義者だ。それ以外のものであることは、あまり役に立たないようだ。』

 

『悲観主義者はあらゆる機会の中に問題を見いだす。楽観主義者はあらゆる問題の中に機会を見いだす。』

 

『好転する前には、悪化するという段階もあり得る。』

 

『築き上げることは、多年の長く骨の折れる仕事である。破壊することは、たった一日の思慮なき行為で足る。』

 

『大切なことは、力のない人の言葉が認められることである。』

 

『完全主義では、何もできない。』

 

『私が義務感と信念に基づいて行動している限り、いくら悪口を言われようと何ともない。害になるよりはむしろ益になるくらいだ。』

 

『復讐ほど高価で不毛なものはない。』

 

『向上とは変化である。完全になるとは、しばしば変化することである。』

 

『成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。』

 

『敵がいる?良いことだ。それは、人生の中で何かのために立ち上がったことがあるという証だ。』

 

『力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP