名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

越後正一『世の中というものは、自分のためばかり考えていると、結局は自分のためになっていないことが多い。人のためだと思ってやったことが、まわりまわって自分のところに帰ってくるものだ。』

越後正一


日本実業家 越後正一


『世の中というものは、自分のためばかり考えていると、結局は自分のためになっていないことが多い。人のためだと思ってやったことが、まわりまわって自分のところに帰ってくるものだ。』

 

経営の神、松下幸之助は、

『商売なんて、最初は無料で奉仕するつもりでやれ。』

 

と言った。利己を押し殺して利他の精神を持つ。商売という概念と利他の精神は一見すると矛盾しているが、ここに不思議なパラドクスがあるのだ。

 

孔子の教えで、

孔子

 

私が最も好きなものの中に、『義利合一』という概念がある。これが素晴らしい。正直、これを理解すれば世の中から拝金的な人間がいなくなる。

 

孔子の教え、つまり儒教においても、『利己』であることは良しとされない。義を貫きながらでも、利を得ることはできる。むしろ、そういう人間以外は社会から淘汰されるのがこの世の掟なのである。

 

ちょっと言い伝えや、昔話に目を向けて見ればいい。そういう話が腐るほどある。さしずめ、ありすぎることで、そこに価値がないと思い込んでしまっているのだろう。

 

だが、崇高な教えだからこそ、生き残っているのだ。そして未来永劫として、生き残るのだ。

 

ドイツの哲学者、ディルタイは言った。

『信頼は相手の為に払った犠牲の質と量に比例する。』

 

『信頼残高』を引き出すべからず。貯蓄せよ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

越後正一『世の中というものは、自分のためばかり考えていると、結局は自分のためになっていないことが多い。人のためだと思ってやったことが、まわりまわって自分のところに帰ってくるものだ。』


 


↑ PAGE TOP