名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

黒澤明『些細なことだといって、ひとつ妥協したら、将棋倒しに全てが壊れてしまう。』

黒澤明


日本映画監督 黒澤明画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


しかしこの黒澤明という男、作中で読まれることのない、封筒の中の手紙までスタッフに作り込ませた。それを踏まえたうえでもう一度今回の言葉を考えてみると、彼がこうも世界から称賛される理由が垣間見えてくる。

 

しかし、黒澤明はこう言うのだ

『私はまだ、映画がよくわかっていない』

 

何という男だろうか。これが『世界のクロサワ』の実力である。

 

『実力』と言ったが、『よくわかってない人』に実力があるのか首をかしげた人は、次の言葉を見てどう思うかだ。

 

国際法の父、グロティウスは言った。

『多くのことを理解したが、何も完成しなかった。』

 

ソクラテスは言った。

『私に分かっていることは、私が知らないということだ。』

これが、突き詰めすぎた人たちが見た景色の感想である。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

黒澤明『些細なことだといって、ひとつ妥協したら、将棋倒しに全てが壊れてしまう。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

黒澤明関連の書籍

 

同じ人物の名言


『私はまだ、映画がよくわかっていない。』

 

『人間自分の苦労に正比例して価値判断をしてはならない。』

 

『人間、自分の苦労に正比例して価値判断をしてはならない。』

 

『一生懸命に作ったものは、一生懸命見てもらえる。』

 

『自分の人生経験だけでは足りないのだから、人類の遺産の文学作品を読まないと人間は一人前にならない。』

 

『恥をかいてもいいから、ズカズカ踏み込むんだ。』

 

『これでもか、これでもかと頑張って、一歩踏み込んで、それでも粘ってもう一頑張りして、もう駄目だと思ってもズカッと踏み込んで、そうしていると突き抜けるんだ。』

 

『世界中の優れた小説や戯曲を読むべきだ。それらがなぜ『名作』と呼ばれるのか、考えてみる必要がある。』

 

『生まれた時から地獄に慣れているから、天国へ行けなんて言われると恐怖で震え上がってしまう。』

 

『ハッキリと言わなければ、かえって人を傷付けることもある。』

 

『悪いところは誰でも見つけられるけれど、いいところを見つけるのは、そのための目を磨いておかないとできない。』

 



↑ PAGE TOP