名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

鈴木敏文『人間は自分が思いつかないことには反対します。一方、私は人が思いつかないことには、それだけ価値があると考える。実行すれば、差別化が生まれ、結果として成功に至ります。』

鈴木敏文


日本実業家 鈴木敏文画像

 

スポンサーリンク

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


坂本龍馬は言う。

『世の人は、我を何とも言わば言え。我が成すことは我のみぞ知る。』

 

SONY創業者の井深大は、世界的大ヒット商品『ウォークマン』のイヤホンをつけたときにこう言ったとき、

『これだ、これだ。これなら転がっても大丈夫だ。』

 

すでに国際的なカリスマ経営者だった井深が急に寝転んでそう言うものだから、社員たちはみな、あっけにとられたという。

 

あるいは、世界のホンダ創業者、本田宗一郎は、あるときニュートン力学を持ち出して反対してきた者をこう怒鳴りつけた。

『ニュートンなんて二百年以上も昔の学者じゃねえか。そんな古いことを勉強して何になる!』

 

彼らは周りの人と意見が合わない。あるいは明らかな境界線が引かれている。もしくは現実離れしていて、異次元にいる。

 

だが、それでいい。だからこそ彼らはリーダーなのだ。

 

立ち向かう

 

E・M・グレイはこう言い、

『成功した人々は、失敗した人々がやりたがらないことをやる。』

 

ルソーは言った。

『慣習とは反対の道を行け。そうすれば常に物事はうまくいく。』

 

 

関連リンク:カテゴリーの法則ボーリングピン戦略

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

鈴木敏文『人間は自分が思いつかないことには反対します。一方、私は人が思いつかないことには、それだけ価値があると考える。実行すれば、差別化が生まれ、結果として成功に至ります。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『顧客に新しいものを提供する。私の頭のなかにあるのは常にそのテーマです。』

 

『みんながやるのを見てから始めるのでは遅すぎる。』

 

『売り手はとかく、「競争相手に負けない商品をつくる」といった発想をしてしまいがちです。しかし、それを買う顧客にとっては、何の意味もありません。』

 

『逆に自分たちは負けていると思って差を埋めることばかりに汲々とすると、ものまねに陥ります。いずれも顧客は離れていきます。』

 

『消費者と向き合う仕事において忘れてならないのは、今は価格ではなく、質を競争する時代に入ったことです。』

 

『石垣のように、基礎からきちっと積み上げているからこそ、上質さと手軽さを両立させた商品を投入し、新たな需要を掘り起こすことができるのです。』

 

『顧客は常に新しいものを求める。これはわかりきったことのようにも思えます。でも我々は、いったん売り手の側に回ると、顧客の心理を忘れて、過去の経験をもとに同じことを繰り返してしまう。』

 

『トレードオフというと「二者択一」と訳され、どちらか一方をとり、 もう一方は切り捨てるというとらえ方が多いようですが、これは正しい理解ではありません。』

 

『同じ「気温20度」でも、真夏と真冬では感じ方がまったく違ってくるように、 数字は見方次第でいくつもの読み方ができます。』

 



↑ PAGE TOP