名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

カエサル『我はローマ人の間にて第二位になるより、ここの人々の間にて第一位になることを欲する。』

カエサル


共和政ローマ政治家 カエサル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


カテゴリーの法則』とは、大西洋を一番手で横断した人が『チャールズ・リンドバーグ』であり、二番目は誰なのだか知らず、三番目が誰なのかを知っている、ということに対し、働いている法則である。

 

ちなみに三番目は、『アメリア・エアハート』だ。

 

実は、二番目の人の方が、大きな結果を出している。リンドバーグの記録を超えているのである。だが、多くの人はこの人の名前を憶えていないし、知らないのだ。

 

『バート・ヒンクラー』という名前を。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    カエサルの言葉を自分のものにする



    では、なぜリンドバーグとエアハートだけが知られているのだろうか。リンドバーグが知られている理由には、一番手の法則』があり、エアハートが知られている理由には、『カテゴリーの法則』があるからである。

     

    『世界で最初に横断した人』というタイトルがつくのが、リンドバーグ。

     

    そして、『女性で世界初、横断に成功した人』というタイトルがつくのが、エアハート。つまりそれぞれが、『トップ』と、『カテゴリーのトップ』の称号を取ったのである。

     

     

    この法則の力は強い。それはたった今書いたとおりだ。そして、カエサルもそれを知ってか知らないか、その発想でカテゴリーのトップを取り、結果、後でローマのトップを取るに至った。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    カエサル『我はローマ人の間にて第二位になるより、ここの人々の間にて第一位になることを欲する。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『人間はみな自分の見たいものしか見ようとしない。』

     

    『学習より創造である。創造こそ生の本質なのだ。』

     

    『率先して死のうとする男を見つけ出すのは、忍耐をもって苦痛に耐えようとしている男を発見するより容易である。』

     

    『何かを生み出す行動でなければ、行動とは言えない。』

     

    『指示を与える者には責任があり、指示を受ける者には義務がある。』

     

    『賽(さい)は投げられた。』

     

    『私は助言を愛す、しかし助言者を憎む。』

     

    『始めたときは、それがどれほど善意から発したことであったとしても、時が経てば、そうではなくなる。』

     

    『予測されるけれども目に見えない危険は、人の心を最もかき乱す。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP