名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ネルソン・マンデラ『勇者とは怖れを知らない人間ではなく、怖れを克服する人間のことなのだ。』

ネルソン・マンデラ


南アフリカ大統領 ネルソン・マンデラ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ネルソン・マンデラの自伝映画、『インビクタス/負けざる者たち』を観た人はわかるはずだが、劇中でマンデラが繰り返す、

「我が運命を決めるのは我なり、我が魂を制するのは我なり」

 

というウィリアム・アーネスト・ヘンリーの「インビクタス」の誌の一節がある。

 

『『恐怖』なら、『克服』出来る。なぜならそれは、自分の頭の中、心の中で沸き起こった感情だからだ。自分が決めたのだ。自分が『恐怖』だと認知したのだ。目の前の事態はすぐに変えられなくても、自分の心だったら変えることはできる。

 

『怖れを知らない人間』とは、『事態をすぐにでも変えられる』と思い上がる『無謀』な人間だ。

 

『怖れを克服する人間』とは、『事態はすぐには変えられない。だが、自分の心構えならすぐにでも変えられる。

 

自分の心構えさえ、今直面している恐怖に立ち向かうよう整えられたなら、いずれ事態も必ず変えることはできるはずだ。』

 

と考える勇気ある人間なのである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ネルソン・マンデラ『勇者とは怖れを知らない人間ではなく、怖れを克服する人間のことなのだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『人種差別は魂の病だ。どんな伝染病よりも多くの人を殺す。』

 

『達成するまでそれは不可能に見える。』

 

『生まれたときから、肌の色や育ち、宗教で他人を憎む人などいない。人は憎むことを学ぶのだ。』

 

『まずなによりも、自分に正直でありなさい。自分自身を変えなければ、社会に影響を与えることなど決してできません。』

 

『真の和解はただ単に過去を忘れ去ることではない。』

 

『大きな山に登ってみると、人はただ、さらに登るべきたくさんの山があることを見出す。』

 

『成功するために大切なのは、どこから始めるのかではなく、どれだけ高く目標を定めるかである。』

 

『美しい南アフリカについての夢があるならば、その夢につながる道もまた存在します。そのような道のうち、2つの道の名前はきっと「善良(Goodness)」と「許し(Forgiveness)」でしょう。』

 

『『一部の自由』というものはありません。』

 

『奴隷制やアパルトヘイトと同様に、貧困は自然のものではなく、人間から発生したものだ。よって貧困は人類の手で克服し、根絶できるのだ。』

 

『こんな言葉がある。刑務所に入らずして、その国家を真に理解することはできない。国家は、どのように上流階級の市民を扱うかではなく、どのように下流階級を扱うかで判断されるべきだ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP