名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

吉田松陰『宿命は、人の力や智恵が及ぶものではない。だから、この原因を天に任せ、天命というのである。』

吉田松陰


日本思想家 吉田松陰画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『宿命は、人の力や智恵が及ぶものではない。だから、この原因を天に任せ、天命というのである。天命であるからには、それは全て天に任せ、人は一途に人として踏み行うべき道を守りさえすればいい。』

 

フランスの哲学者、アランは言った。

『宿命論が後悔を追い払うのは、人ができることをすべてし尽くした場合に限る。』

 

『宿命論』とは世の中の出来事はすべて、あらかじめそうなるように定められていて人間の努力ではそれを変更できない、とする考え方である。

 

アランと吉田松陰のこの2つの言葉を考えた時、

 

『宿命、天命だからといって、やりたい放題やっていいわけではない。』

 

という『生きる道』が垣間見えるのである。

 

『任せる』などとだとしたら、『守れ』ということだ。まさか、『任せる』し『責任も負わない』し、『道を踏み外す』と言うわけではあるまい。

 

例えば、銃を乱射して無関係な人を大勢殺し、『派手に終わらせてやるよ』というメモ書きを残し、自殺した人間がいた。

 

 

(どうせ死ぬんだろ)と。

 

(何をやっても無駄なんだろ)と。

 

それで良いと思うだろうか。

 

いや善くない。

 

断じて、善くない。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

吉田松陰『宿命は、人の力や智恵が及ぶものではない。だから、この原因を天に任せ、天命というのである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『自分の生死を度外視してでも、言うべきことをただ言うのみ。』

 

『多くの努力を注ぎ込んだことは、すぐにその功績を手中にすることはないかもしれない。しかし、全精力を集中して学んだものは生涯忘れないであろう。』

 

『才能を伸ばし、人としての徳を身につけることは、辛く、苦しいことだ。』

 

『書を読む人は天下に満つれども、道を求むる者は絶えてなくして僅かにあり。』

 

『立派な殿様、賢明な将軍であるか、あるいは、馬鹿な殿様、愚かな将軍であるか否かは、日ごろの生活において決まることである。』

 

『およそ学をなすの要は己がためにするにあり。己がためにするは君子の学なり。人のためにするは小人の学なり。』

 

『人の心というものは、苦しめば奮い立ち、思うようになれば、怠けてだらけてしまうものである。』

 

『身体が死滅しても、その精神が死んでいないものは、昔の聖人や賢者らであり、これらは永遠に朽ちることのない人である。』

 

『勉強しない人の気持ちには3つある。』

 

『読書というものは、最もよく人の心を変えるものである。書というものは、何と恐るべきものだろうか。』

 

『志をもっている人間は、何かを目にしたら、必ず心中に感じるものがある。』

 

『仁人は天下に敵なし。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP