名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

武田信玄『三度ものをいって三度言葉の変わる人間は、嘘をつく人間である。』

武田信玄


日本武将 武田信玄画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


以前私の周りにもこういう人間が数人いたが、まあ、彼らの口から出る言葉は、まるで一貫性がない。こちらの勢いが『弱い』と思ったとき、彼らの口調はこちらを見下したような態度を取っていたが、勢いが強まっていると見た時、彼らは私に『さん』付けしてくるのである。

 

表裏的であり、表ではそのように情勢に乗じて態度をコロコロと変え、裏では常に人を揶揄して見下している。こういう人間を信頼したことは、私は一回もない。力づくで一括すれば、すぐにしっぽを巻いて逃げる。

 

彼らは自分本位に動き回る為、一見賢明そうに見えるが、実際の人としての価値は、極めてぞんざいである。

 

利用する人間は、利用されて終わりだ。

 

彼らは、まず最初の一歩として自分が人を見下し、優劣をつけ、格差をつけ、つまりそれは差別し、思い上がり、背信行為に至ったことが、運の尽きなのである。

 

自分で自分の首を絞め続けているのだ。その絞めた首が傷痕となって後になって出てくることを、彼らは知らないのである。

 

傷痕

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

28.『真の礼儀とは。

真の礼儀や忠誠とは、表層に固執することではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

武田信玄『三度ものをいって三度言葉の変わる人間は、嘘をつく人間である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『我が国を滅ぼし、我が家を破る大将、四人まします。馬鹿、利口、臆病、そして四番目は強すぎる大将なり。』

 

『もう一押しこそ慎重になれ。』

 

『負けることのない戦いに負け、滅ぶことのない家が滅ぶのを、人はみな、天命と言っている。自分は天命とは思わず、みなそのやり方が悪いためであると思う。』

 

『成せば成る、成さねば成らぬ、成る業を、成りぬと捨つる、人のはかなき。』

 

『渋柿を切って甘柿を継ぐのは小心者のすることだ。国持ち大名にあっては、渋柿は渋柿として役に立つものだ。』

 

『およそ戦というものは、五分をもって上とし、七分を中とし、十分をもって下とす。五分は励みを生じ、七分は怠りが生じ、十分は驕りを生ず。』

 

『100人のうち99人に誉められる者は、決していい人物ではない。』

 

『組織はまず管理者が自分を管理せよ。』

 



↑ PAGE TOP