名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ゲーテ『身分不相応の生活をする者は、ぼろが出る。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『成長』と『膨張』は違う。身分不相応な生活を送る人間は『膨張型』であり、たとえそれで膨らむことがあっても、刹那であり、弾ける。バブルは弾けるのが、相場だ。

 

 

ラチェット効果とは、例えば、一度上がった生活水準を忘れられず、収入が下がった後もその水準で生活してしまい、生活が破綻するときに働いている効果のことを言う。つまり『相応』ではなかった。身分不相応だったから、破裂し、破綻し、弾けたのだ。

 

もし、自分が気づいたら破滅の方向に向かってしまうことがあるのであれば、それは、『無理をしている』のかもしれない。一度、自分の心と向き合って、生き方を見直すことで、問題は解決する。見るべきなのは以下の黄金律である。

 

見る

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。

 

しかしそのような時間を確保できないからこそ、身分不相応な行動を取ってしまうのだ。そして、そのような時間を確保できるのは電力王、松永安左エ門がこう言っているように、

『実業人が実業人として完成する為には、三つの段階を通らぬとダメだ。第一は長い闘病生活、第二は長い浪人生活、第三は長い投獄生活である。このうちの一つくらいは通らないと、実業人のはしくれにもならない。』

 

往々にして、目の前に壁が立ちふさがったときだけである。

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ゲーテ『身分不相応の生活をする者は、ぼろが出る。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『人生は、愚者には困難に見えるとき賢者には容易に見え、愚者に容易に見えるとき賢者には困難に見える。』

 

『真理はたいまつだ。しかも、巨大なたいまつだ。だから私たちは、みんな目を細めてそのそばを通り過ぎようとする。火傷することを恐れさえして。』

 

『我々の犯す一つの大きな間違いは、原因を結果の間近にあると考えることにある。』

 

『お前の本当の腹底から出たものでなければ、人を心から動かすことは断じてできない。』

 

『人が旅をするのは目的地に到着するためではなく、旅をするためである。』

 

『人間の最大の価値は、人間が外界の事情にできるだけ左右されず、外界をできるだけ左右するところにある。』

 

『若くして求めれば、老いて豊かである。』

 

『よその国から種を取り寄せ、それを選抜し、蒔くのに時をかける注意深い園芸家であるのは屈辱的なことであろうか。』

 

『何ごともはじめは難しいということわざは、ある意味では真理かもしれないが、より一般的には何事もはじめは容易だ。』

 

『自分にできること、あるいは夢に思い描いていることは、すべて実行に移すことだ。大胆であれば、非凡な能力と不思議な力を発揮できる。』

 

『普通、大勢の言うことを聞くと、まったく真相を聞き出すことができない。』

 

『興味のなくなるところ、記憶もまたなくなる。』

 



↑ PAGE TOP