名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ゲーテ『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。 詩の言葉をあやつることがいくらか容易になっても、それに伴って、内容にますます重さを加えるべきことを忘れてはならないからです。詩の内容は、自分の生命の内容に他ならないのです。』

 

表層ではなく、内面に目を向けるべきだということだ。外に答はない、あるのは心の中なのである。外ではなく、”内”を観ることができるかどうか、問われているのだ。

 

フランスの哲学者、パスカルは言う。

『すべての人間の不幸は、部屋に一人で静かに座っていられないことに由来している。』

 

ブッダも、

ブッダ

『”内観”の実力を全ての人間が知らないことは、滑稽である。』(超訳)

 

という様な内容の話をし、内に心を向けることを強く強く説いた。

 

内に心

 

宮沢賢治も、

『自分が真実から目をそむけて子どもたちに本当のことが、語れるのか。』

 

と言ったが、『四人の教師』にもこうあるように、

 

ーーーーーーーーーーーー▼

 

人の心を本当に動かすにはその人の体験から滲み出る行いと言葉しかない。知識だけでは人は共感を感じないからだ。

 

ーーーーーーーーーーーー▲

 

自分の言葉に『言霊』を宿す為にも、説得者要因を磨かなければならない。

 

『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。

 

この言葉は永久に存在し続けるだろう。なぜかというと、この言葉が真理を突いているからだ。まずは今言ったように、ブッダらも観た『内面の景色』があまりにも重要ということ。そして、『若い人たち』というのは恒久的に、自己省察に重きを置くことはできないからである。

 

自己省察

 

ブッダの生きた時代も、ゲーテの生きた時代も、私の生きている時代も、そしてこれから先未来永劫、人間がそこにいる限り、この言葉は断固として存在感を失うことはないのである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ゲーテ『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『芸術家は内面から制作に向かわなければならない。』

 

『愛する人の欠点を美点と思わない人間は、その人を愛しているのではない。』

 

『人はほとんど知らない時にのみ知っている。知識とともに疑いが強まるのだから。何でも知らないことが必要で、知っていることは役に立たない。』

 

『才能は静けさの中でつくられ、性格は世の荒波の中でつくられる。』

 

『天才も不滅ではないということほど、凡人にとって慰めになることはない。』

 

『身分不相応の生活をする者は、ぼろが出る。』

 

『人生は、愚者には困難に見えるとき賢者には容易に見え、愚者に容易に見えるとき賢者には困難に見える。』

 

『真理はたいまつだ。しかも、巨大なたいまつだ。だから私たちは、みんな目を細めてそのそばを通り過ぎようとする。火傷することを恐れさえして。』

 

『我々の犯す一つの大きな間違いは、原因を結果の間近にあると考えることにある。』

 

『お前の本当の腹底から出たものでなければ、人を心から動かすことは断じてできない。』

 

『人が旅をするのは目的地に到着するためではなく、旅をするためである。』

 

『人間の最大の価値は、人間が外界の事情にできるだけ左右されず、外界をできるだけ左右するところにある。』

 

『若くして求めれば、老いて豊かである。』

 



↑ PAGE TOP