名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

宮沢賢治『自分が真実から目をそむけて子どもたちに本当のことが、語れるのか。』

宮沢賢治


日本作家 宮沢賢治画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリストに焦点を当てて書いた本、

キリスト

四人の教師』にはこうある。

 

ーーーーーーーーーーーー▼

 

人の心を本当に動かすにはその人の体験から滲み出る行いと言葉しかない。知識だけでは人は共感を感じないからだ。

 

ーーーーーーーーーーーー▲

 

自分が知っていることを話すのだ。そうじゃなければそこに言霊は宿らない。何かこう、空虚な言葉の玉がボワッと宙に浮いて、そして右耳から左耳へとすり抜けていくだろう。

 

 

間違ってはならないのは、『知っていること』というのは、『知行合一』でなければならないということ。知っていても、それを行動に移せないのであれば、それは『知っている』ということにはならない。

 

自分の言葉に言霊を乗せて人に、子供に伝えたいのであれば、自分が『真に知っていること』のみを、話すべきである。

 

もし、今のままでは何も伝えられることが無いと自負するなら、今からでも何一つ遅くはない。真実を、真理を探求し、そしてそれを自分のものにしよう。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

宮沢賢治『自分が真実から目をそむけて子どもたちに本当のことが、語れるのか。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねえ。』

 

『誓って言うが、わたくしはこの仕事で疲れを覚えたことはない。』

 

『どうも、ちょうどよく働くことほど、体に良い事は無いですな。』

 

『真の幸福に至れるのであれば、それまでの悲しみは、エピソードに過ぎない。』

 

『永久の未完成、これ完成である。』

 

『無意識から溢れるものでなければ、多くは無力か詐偽である。』

 

『世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない。』

 

『一つずつの小さな現在が続いているだけである。』

 

『雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち 慾はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている』

 

『何がしあわせかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら峠の上りも下りもみんな本当の幸せに近づく一足づつですから。』

 

『すべてさびしさと悲傷とを焚いて ひとはとうめいな軌道をすすむ。』

 



↑ PAGE TOP