名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

三木清『感傷には常に何らかの虚栄がある。』

三木清


日本哲学者 三木清画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『虚栄』というのは、中身が無いのに、実質以上のようにみせてふるまうこと。つまり『相応』ではないのだ。『不相応』なのである。悲劇のヒーロー・ヒロインを気取っている人は、往々にして三木清の言う通りに当てはまる。

 

しかし、イギリスの哲学者、ラッセルの言う様に、

『諸君が自分自身に対して関心を持つのと同じように、他人が自分に関心を持っているとは期待するな。』

 

感傷に浸るのはいいが、周囲の人は、自分が思っている以上に冷めた目で見ていることがある。あるいは怒りに心を支配されている場合は、相手ではなく、自分自身への『執着』がそうさせていることがある。

 

どちらにせよ『独りよがり』だ。単なる見栄っ張りならこの事実から目を逸らして斜めから見て物を言い、プライドのある人間ならこの事実を真正面から見て、恥を知る。

 

立ち向かう

 

『感傷には常に何らかの虚栄がある。』

 

例えば、

『うぅ…私なんてどうせ何もできない…』

 

という感傷に浸っている人がいるとしよう。しかし、この世に目を向けると、五体不満足の子供が、藁で作ったサッカーボールを一生懸命蹴って、疑似サッカーをして遊んでいる。それしか選択肢がないからだ。

 

またある人は、昨日大切な人を失った。理不尽な暴漢に襲われ、あるいは不可避の天災に見舞われ、不慮の事故に遭い、不治の病に侵され、命を落としたのだ。

 

その人やその遺族の前で、同じセリフが言えるだろうか。言えないのであれば、そうして浸るその感傷は、『虚栄だ(相応ではない)』。身分不相応である。

 

人間が取るべき身分相応の態度とはいったい何だろうか。それは、下記の黄金律を理解したときに見えてくるのである。

 

足るを知る

 

8.『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。

この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。

 

生きているだけで、丸儲けなのだ。そして人間は必ず死ぬのだ。最初からそれが人間の相応なのである。それがわかった人間の命は、躍動する。残りの命の日数を、そういう人たちのためにも全力で生きることを誓うからだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク
『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

三木清『感傷には常に何らかの虚栄がある。』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『我々は愛する者に対して、自分が幸福であること以上の善いことを為しえるであろうか。』

 

『人は軽蔑されたと感じたときによく怒る。だから自信のある者はあまり怒らない。』

 

『幸福論を抹殺した倫理は、一見いかに論理的であるにしても、その内実において虚無主義にほかならぬ。』

 

『孤独は山になく、街にある。一人の人間にあるのではなく、大勢の人間の『間』にある。』

 

『人生においては何事も偶然である。しかしまた人生においては何事も必然である。このような人生を我々は運命と称している。』

 

『幸福を武器として闘うもののみが斃れてもなお幸福である。』

 

『一つの所に停まり、一つの物の中に深く入ってゆくことなしに、如何にして真に物を知ることができるであろうか。』

 

『健全な胃を持っている者が胃の存在を感じないように、幸福である者は幸福について考えない。』

 

『言葉は空虚なもので、事実はつねに言葉よりも雄弁である。』

 

『秩序はつねに経済的なものである。最小の費用で最大の効果を上げるという、経済の原則は秩序の原則でもある。』

 

『人は敗北主義から独断家になる。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP