名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

山田美妙『表から見える慎重を裏から見ての不決断という。』

山田美妙


日本作家 山田美妙


これで思い出すのは、『レッドっクリフ(赤壁の戦い)』における、 三人の君子のうちの一人、『孫権』。これがなかなか、曹操軍に対抗するべく同盟を組もうと言う、劉備軍の諸葛亮孔明からの誘いに乗らず、優柔不断だった。

 

一見すると慎重さを装っているように見えて、あるいは見せてるつもりでも、実際の部分では逃げている。決断することは勇気がいるから、つい腰が引けてしまうのである。

 

かつての私の知人にも、『まだ時が満ちていない』と言ってプー太郎の日々を何年も続ける者がいたが、あの時、それを受け入れて容認していたら、彼はもしかしたらいまだに職がなかったのかもしれない。

 

この話で大切なのは、『裏と表』が存在して、そしてそれについて『表しかない』と思い込んでいた孫権とかつての知人。つまり、『ばれていない』と思ってその『表向きの行動を取った』ということと、それを『見破った(裏が見えている)』人間がいるということだ。

 

メタメッセージ』とは、『言葉の裏に隠れているもう一つのメッセージ』のことだが、間違っても『メタの世界』が見えている人間と対立するときは、表向きの『メッキ』が、小細工になってしまうことがあるので、注意した方が良い。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

山田美妙『表から見える慎重を裏から見ての不決断という。』




↑ PAGE TOP