名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

パスカル『徳の高さは、人が何か特別に頑張った時に判断すべきではない。日頃の行いで判断すべきである。』

パスカル


フランス哲学者 パスカル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


何しろ人の本性は、浮足立っている時に表面化されるわけではない。

 

ソクラテスは言う。

『いかに多くの富を有するか、自慢する者が居ても、いかに使うが分かるまで、彼を、誉めてはならない。』

 

よく観察すると良い。彼が何にお金を使うか、何に対して、どういう愛を注ぐか。それによってその人の『徳』の何たるかが決まる。

 

例えば、ブッダの言葉の超訳として書いたのは、

『歪んだ愛情は、文字通り人の人格を捻じ曲げる。』

 

こういう記事だ。 愛は愛でも、『捻じ曲がった愛』があり、育児と教育は違うのである。

 

教育

 

それがわかるのは、日頃の行いだ。彼がどのような思想の下、人生を生きているかをよく観察しなければ、『徳』がある人とは断定されない。

 

『徳の高さは、人が何か特別に頑張った時に判断すべきではない。日頃の行いで判断すべきである。』

 

例えば最近でも、とある残虐な殺人事件があった。彼がしたことは残虐の一言。20代前後の男女を9人も殺害し、バラバラに切断してその肉を処分する方法をネットで探したというのだ。

 

犯人の知り合いの女性が事件発覚後にインタビューに答えると、

『異常なほど優しくて、逆に怖さを感じた。』

 

と言った。つまり犯人は、ある場面では猟奇的な異常犯罪者だが、ある場面ではパスカルの言うように、『善人たる一面』を見せているのである。

 

善人

 

この場合、パスカルの言う『特別に頑張った』というのは、こうした異常な優しさを他人に向けていたときだろう。実際には腹の底にねじ曲がった本性を隠し持っている。

 

したがって、彼のことを評価するためには、その『特別に頑張った』優しさを見せたときのことだけで判断してはならない。彼が異常犯罪者で、人として最低の考え方を持っているということを踏まえてから、彼に『徳』があるかどうか、判断する必要がある。

 

もし、目の前に『徳』ある人物に見える、物腰柔らかそうな『とてもそういうことをする人には見えない』人がいたとしても、盲信してはならない。人を、過信してはならない。

 

人間は皆、『欲望』というウイルスを備え持っている。パスカルは、

『人間は神と悪魔の間に浮遊する。』

 

とも言ったが、これを『理性と欲望』、『善意と悪意』など置き換えて考えてみるとわかりやすく、確かに言われてみると人とはそういうものであるという事実に、気づくことができるはずだ。

 

悪意

 

人の善意を信じるのはいい。だが、人に『悪意や欲望がない』と思っているのであれば、過信である。その人には必ずそれがある。そして、それは自分も当然例外ではないのだ。

 

誰しもが『魔に刺され(差され)』、人の道を逸れ、不謹慎なことをしたり、失敗をしたりするものである。この犯人のしたことは未来永劫許されることではないが、そんな彼とて、魔に刺された哀れな人間なのだ。我々他の人間も、彼と同じ環境で生まれ育ったのなら、彼のように生きてしまった可能性は否定できないのである。

 

そんな中、『日頃の行い』でその『悪意や欲望』を抑えつけて奮闘し続ける人がいたとする。だとしたらそれは賞賛に値するのだ。そういう人のことを『徳ある人』と言うのである。

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

27.『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。

基礎・準備期間を怠るキリギリスは、アリよりも明るい将来を望むな。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

パスカル『徳の高さは、人が何か特別に頑張った時に判断すべきではない。日頃の行いで判断すべきである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人間は、死、悲惨、無知を癒すことができなかったので、自己を幸福にするために、それらを敢えて考えないように工夫した。』

 

『人間は神と悪魔の間に浮遊する。』

 

『人間は一本の葦にすぎない。自然のうちで最も弱いものである。だがそれは考える葦である。』

 

『すべての人間の不幸は、部屋に一人で静かに座っていられないことに由来している。』

 

『些細な事が我々を慰める、些細な事が我々を苦しめるように。』

 

『真理が支配しているときに平和を乱すことがひとつの犯罪であると同様に、真理が破壊されようとしているときに平和にとどまることも、やはり、ひとつの犯罪ではないか?』

 

『知恵は知識にまさる。』

 

『神が存在するということは不可解であり、神が存在しないということも不可解である。』

 

『神を感じるのは心情であって、理性ではない。信仰とは、そのようなものである。』

 

『自然はそのすべての真理を、それぞれそれ自身のうちにおいた。我々の技巧は、それらの一方を他方のうちに閉じこめようとする。だが、それは自然的ではない。』

 

『誤った法律を改正する法律くらい誤ったものはない。法律は正義であるがゆえに従うといって服従している者は、自分の想像する正義に服従しているのであって、法律の本質に服従しているのではない。』

 



↑ PAGE TOP