名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

三浦綾子『夫婦関係でも、また、嫁姑の関係でも、労使関係でも、友人関係でも、相手は人間である。この相手を知り、自分を知ることが、人との関係を保つ基本ではないか。』

三浦綾子


日本詩人 三浦綾子

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


天才軍師、周瑜は言った。

『何事も、その基は人です。人を得る国はさかんになり、人を失う国は亡びましょう。』

 

人を軽んじて痛い目を見た人間は、星の数ほどいる。しかしそれなのにこれからもそういう人は、後を絶たないだろう。

 

なぜという理由は、道教の創案者、老子のこの言葉にヒントがある。

『他者を知ることは知恵。自分を知ることは悟り。』

 

そこに書いたとおり、『知恵』とは、こういう意味だ。

 

物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力。

 

『正しく処理』。つまり、その処理する自分が、間違っていたら当然正しく処理などできない。ということは、言ったようにまず自分を『悟る』必要がある。その為に必要なのは『内省』、ときに『内観』である。では、これらを主体的に行える人が一体どれだけいるだろうか。

 

内観

 

一流の会社を経営する経営者になると、朝や夜、30分の瞑想や内省をすることは常識だ。しかし、それを他の大勢の人がやっているかどうかを考えると、首をかしげざるを得ない。

 

多くの人は『反省』、やれたとしても『猛省』止まりだ。『前始末』たる『内省』、『底始末』たる『内観』が出来る人間は、ごくごく稀である。見るべきなのは以下の黄金律だ。


隠蔽

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。

 

これでわかったとおり、これからも人は、この理屈をわかったふりをして、理解せず、同じ過ちを繰り返すことだろう。人間関係で問題があれば、答えは相手にはない。自分の心の中にあるのだ。

 

また、もし相手のことを恐れている人がいるのであれば、こういう言葉を見てもいい。中国唐中期を代表する文人、韓愈は言った。

『彼は人なり、我らも人なり、我何ぞ彼を畏れんや。』

 

相手も自分も、結局はたかだが一人の人間である。『相手のことがわからない』ということはない。その答えも全て、自分の心の中にあるのだ。

 

少しだけ手伝いをしよう。どう考えても自分には理解できない、わがままで粗暴な、場の空気を乱す人間がいた。自分が生きてきた人生の中では、そのような人物を見たことはなく、どうにも彼のその行動の動機が理解できない。だからこそ彼を敬遠し、距離を置き、裏で『同じ考え方の人物』と彼についての愚痴を言うに至った。

 

だが、今の一連の動きに『自分の心に目を向ける』瞬間があっただろうか。『ない』からそのような行動に至り、問題を解決せずに蓋をして、事実を隠蔽しようとしたのだ。

 

隠蔽

 

もしかしたら彼は、幼いころに両親を悲惨な形で亡くしたのかもしれない。それで同世代の子供たちを見て、母親に愛情を注がれているのを見て、心が歪んでしまっていたのかもしれない。

 

(なんで僕だけお母さんがいないんだろう…)

 

愛情

 

その歪んだ心が年を取るごとにつれて増幅し、

 

(俺は愛情を受けて育ってないから、わがままにふるまってもいいはずだ)

 

わがまま

 

という考えに至り、そのような行動に出てしまっているのかもしれない。

 

だとしたら、それを見た『友人』たちができることはなんだろうか。本当に、さっき挙げたような人物の対応が、模範的な対応だろうか。

 

いや、むしろそれでは『火に油を注ぐ』ようなものである。彼はそのようにして『自分の周りから人がいなくなる』ことを経験して、それで心が歪んでしまっていたのだ。

 

『夫婦関係でも、また、嫁姑の関係でも、労使関係でも、友人関係でも、相手は人間である。この相手を知り、自分を知ることが、人との関係を保つ基本ではないか。』

 

もし、相手との人間関係が悪いと思ったのなら、その原因はもしかしたら自分にあるのかもしれない。相手のことを深く深く想像できるのは、自分のことを深く深く想像したことがある人間だけだ。

 

想像

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

三浦綾子『夫婦関係でも、また、嫁姑の関係でも、労使関係でも、友人関係でも、相手は人間である。この相手を知り、自分を知ることが、人との関係を保つ基本ではないか。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『一つの製品を生み出すためには、醗酵の期間が大事なように、人生というものはすべて、待つ間に熟して行くのだ。』

 

『人生にはピリオドは唯一つで、あとはコンマ、コンマの連続だという思いがしきりにした。最後の終止符を打つまでは、人生いろいろなところでコンマが打たれるのだ。』

 

『いままでふり返ってみて、大きな不幸と思われることが、実は大切な人生の曲がり角であったと思われてならない。』

 

『人間として本当の生き方に立っていたならば、一生を育児に捧げようと、芸術に捧げようと、決して空しさに終わるはずはない。』

 

『秀れた人間というのは、他の人間が、愚かには見えぬ人間のことだろう。』

 

『言葉は人間の運命をも変えるほど大きなものです。』

 

『ほんとうに自分の行為に責任をもつことができる人だけが、心から「ごめんなさい」と言えるのではないだろうか。』

 

『失敗を恐れて何もしない人間こそ、全生涯が失敗となる。』

 

『つまずくのは、恥ずかしいことじゃない。立ち上がらないことが、恥ずかしい。』

 

『今までふり返ってみて、大きな不幸と思われることが、実は大切な人生の曲がり角であったと、思われてならない。』

 

『長い間その人を慰め、励まし、絶望から立ち上がらせる言葉を、胸にたくさん蓄えておかねばならない。』

 

『包帯を巻いてあげられないのなら、むやみに傷口に触れてはならない。』

 



↑ PAGE TOP