名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

鳥居元忠『我が身にのしかかる重大事は、精神をさかんにして腰をすえ、無二無三に踏み破って突き通らねば、らちがあかぬものである。』

鳥居元忠


日本武将 鳥居元忠画像


ビビ『船でちゃんと学んだのよ!!諦めの悪さなら!!』

 

ここに書いたが、往々にして未踏未達の道を開拓するには、不撓不屈の精神が必要である。逆に言えば、決して屈しなければいいのだ。『金鉱を掘り当てることが出来るのは、最後まで掘り続けた人間だけ』なのである。

 

途中、台風が来て全てを吹き飛ばすかもしれない。津波が来て全てを飲み込むかもしれない。謂れのない誤解、揶揄、批判、罵倒、抑圧、迫害、友と思っていた者は去り、あると思っていた金は減り、みるみるうちに、身体も衰退してしまうかもしれない。

 

だが、もう一度言おう。『金鉱を掘り当てることが出来るのは、最後まで掘り続けた人間だけ』なのだ。

 

エジソンは言った。

『人生における失敗者とは、諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに気づかなかった人たちである。』

 

成功

 

もう5千時間もやり続けている?まだあと5千時間は掘り続けろ。(1万時間の法則)

 

もう5年は経った?何を言っているのだ。ようやく折り返しだ。(10年ルール)

 

いくらやってもらちが明かない?そのままやり続けろ。(量質変化)

 

いつか必ず臨界点を超える。(クリティカルマス)

 

そもそも、先ほど『友が去った』と言ったが、こういう言葉がある。

 

『困難な情勢になってはじめて誰が敵か、誰が味方顔をしていたか、そして誰が本当の味方だったかわかるものだ。』

 

『去った』のであれば、それは友ではない。

 

『ウサギはカメを見ていた。しかし、カメはゴールを見ていた。』

 

最後に勝つのは、カメである。

 

関連リンク:孔子『カメの生き様を見極めよ。』

 

カメ

 

だがもちろん、更なる上の境地がある。『孫氏の兵法』の極意を、『戦わずして勝つ』と主張している人間が実に多い。もう、ほぼすべての人がそう認識しているし、これからもそう言い続けるだろう。

 

だが違う。孫氏の兵法の極意は、『戦わずして負けない』ことだ。『勝つ』と『負けない』とでは、意味がまるで違う。

 

黄金律

『戦わずして勝つことは真の極意ではない。戦わずして負けないことこそが真の極意なのだ。』

 

 

確かにカメは勝った。だが、カメは最初からウサギに勝とうとしていたのだろうか。本当に、陸上でウサギに勝とうとしていただろうか。

 

そうじゃないのであれば、カメはどうして歩いた。なぜ勝負に乗った。

 

どちらにせよ人にはできることとできないことがある。だが、『できること』があるのだ。これは間違いのない事実である。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

鳥居元忠『我が身にのしかかる重大事は、精神をさかんにして腰をすえ、無二無三に踏み破って突き通らねば、らちがあかぬものである。』



↑ PAGE TOP