名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

チャーチル『金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことはすべてを失う』

チャーチル


イギリス政治家 チャーチル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


チャーチルがイギリス史上、最も偉大な人間だということは今も尚人々の記憶と記録に残っている。

 

『絶対に、絶対に、絶対にあきらめるな』

 

イギリス首相として国民にそう演説したチャーチルは、不撓不屈の精神でもって、国民を鼓舞し続けたのだ。

 

金、名誉、勇気。

 

この中で、最も重いものが『勇気』だという。

 

では、世の中の一体どれだけの人が、そのことに共感できるだろうか。

 

『金』に支配されていないだろうか。

 

『見栄』に支配されていないだろうか。

 

そして、生きることの意義を見失い、さまよい続けていないだろうか。

 

こういう言葉がある。

 

『金は必要だ。だが、重要ではない。』byインディアンの諺

 

金

 

金も名誉も、その他の人間がいなければ、力を発揮しない。だが、勇気とは、たった一人でこの世を生き貫くことになったときに、混沌としていて、矛盾だらけで、理不尽な人生を生き貫くことになるときに、なくてはならない人間の生きる源、道標なのである。

 

我々は、誰のために生きているのか。

 

我々は、誰の人生を生きているのか。

 

一度しかない人生の希少さを知るのは、早ければ早い方が良い。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

チャーチル『金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことはすべてを失う』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

同じ人物の名言(随時更新)


『金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことはすべてを失う』

 

『未来のことは分らない。しかし、我々には過去が希望を与えてくれるはずである。』

 

『危険が身に迫った時、逃げ出すようでは駄目だ。かえって危険が二倍になる。しかし決然として立ち向かえば、危険は半分に減る。何事に出会っても決して逃げ出すな。決して!』

 

『重要なポイントを突くときは、如才なくやろうとか巧妙にやろうとか思ってはいけない。ポイントを一突きせよ。』

 

『日々正直に行動することが成功に達する最も確実な道だ。』

 

『可能な手段だけでなく、また安易な手段や誰もが考えつく手段だけでなく、困難な手段、不可能と思われるような手段まで考えておくことだ。』

 

『何が本当に自分の利益であるか、ということを知ることは容易ではない。』

 

『決して、あきらめるな、絶対に、絶対に、絶対にだ。』

 

『われわれが忍耐し、我慢しさえすれば、やがてよくなることを、私はまったく疑わない。』

 

『一度剣を抜いた以上は、息が絶えるまで、勝利を完全に手中に収めるまで剣を捨ててはならぬ。』

 

『過去にこだわる者は、未来を失う。』

 

『血と労苦と涙と汗のほかに、私が差し上げられるものはありません。』

 

『人生最大の教訓は、愚かな者たちでさえ時には正しいと知ることだ。』

 

『愉快なことを理解できない人間に、世の中の深刻な事柄がわかるはずがない。』

 

『私は楽観主義者だ。それ以外のものであることは、あまり役に立たないようだ。』

 

『悲観主義者はあらゆる機会の中に問題を見いだす。楽観主義者はあらゆる問題の中に機会を見いだす。』

 

『好転する前には、悪化するという段階もあり得る。』

 

『築き上げることは、多年の長く骨の折れる仕事である。破壊することは、たった一日の思慮なき行為で足る。』

 

『大切なことは、力のない人の言葉が認められることである。』

 

『完全主義では、何もできない。』

 

『私が義務感と信念に基づいて行動している限り、いくら悪口を言われようと何ともない。害になるよりはむしろ益になるくらいだ。』

 

『復讐ほど高価で不毛なものはない。』

 

『向上とは変化である。完全になるとは、しばしば変化することである。』

 

『成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。』

 

『敵がいる?良いことだ。それは、人生の中で何かのために立ち上がったことがあるという証だ。』

 

『力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である。』

 



↑ PAGE TOP