名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

宮沢賢治『誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねえ。』

宮沢賢治


日本作家 宮沢賢治画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


孔子の教えである、『儒教』には、『性善説』という概念がある。孔子の教えを源として、弟子の孟子が、その概念を確立させた。

 

wikipediaにある『孟子の説』はこうだ。

 

孟子が生きた時代は人の本性についての関心が高まり、「性には善も悪もない」とする告子の性無記説(または性白紙説)や「性が善である人もいるが、悪である人もいる」とする説、「人の中で善悪が入り交じっている」とする諸説が流布していた。これらに対し孟子は「性善説」を唱えた。これは孔子の忠信説を発展させたものとされる。

 

-------------▲

 

アリストテレスは、

『実際に奴隷である人、あるいは自由民である人のすべてが、生まれながらに奴隷または自由民であるとは限らない。』

 

と言い、仏教の開祖、ブッダは、『身分差別の完全否定』をしたが、彼ら賢人の考えの根幹にはとにかく、『意志、人格の尊重』がある。

 

聖書における、『第二法の書』の超訳として、

『人には魔性と聖性がある。魔性を消し去ることは出来ない。だが、抑えることは出来る。』

 

という記事を書いたが、

 

悪、悪魔、魔性、煩悩、

 

呼び方は何でもいいが、とにかくこれらに支配されている人間は醜く、とても『人間』の称号には相応しくないことが見て取れることがある。

 

人間

 

しかし、その一方。ほのぼのとして、心が和らぎ、満たされ、満悦し、充足してしまう、あるいは感動に溢れてしまう、ワンシーンを目にすることもある。それはまるで、この答えのない混沌とした暗闇に、一輪の花が咲き、一片の光が差した、瞬間である。

 

人間の心にはこのようにして、天使と悪魔が共生している。

 

ドストエフスキーは言った。

『神と悪魔が闘っている。そして、その戦場こそは人間の心なのだ。』

 

この戦いのことを、イスラム教では『聖戦』と言う。聖戦は、一部の狂信者が思っているような人殺しを正当化する考え方ではない。

 

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

この戦いに勝ったとき、それは『自分の中でほんとうにいいこと』をしたときである。例えば、目の前で困っている人を見てみぬ振りできるとき、当然、見てみぬふりをした方が自分にとって『楽』である。

 

触らぬ神に祟りなし。無難な選択肢を取って、安全な道を通るためには、その問題に蓋をして、見なかったことにすればいい。その方が楽だからだ。

 

戦場

 

だが、聖戦によってその悪魔のささやきに打ち克った時、人はその人を助けることができる。自分の利益を後回しにし、利他的に行動する。これは実に、『ほんとうにいいこと』だ。自分の中の天使も喜んでいる。

 

そして、その行動は自分の親や子、どこの誰に見られても恥ずかしくない。過去、未来永劫の圧倒的な時間の規模において、誰に見られても恥ずかしくない。そういう正々堂々とした人生を生きなければならない。それこそが最も人間が幸せになれる生き方だからだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

宮沢賢治『誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねえ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『誓って言うが、わたくしはこの仕事で疲れを覚えたことはない。』

 

『どうも、ちょうどよく働くことほど、体に良い事は無いですな。』

 

『真の幸福に至れるのであれば、それまでの悲しみは、エピソードに過ぎない。』

 

『自分が真実から目をそむけて子どもたちに本当のことが、語れるのか。』

 

『永久の未完成、これ完成である。』

 

『無意識から溢れるものでなければ、多くは無力か詐偽である。』

 

『世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない。』

 

『一つずつの小さな現在が続いているだけである。』

 

『雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち 慾はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている』

 

『何がしあわせかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら峠の上りも下りもみんな本当の幸せに近づく一足づつですから。』

 

『すべてさびしさと悲傷とを焚いて ひとはとうめいな軌道をすすむ。』

 



↑ PAGE TOP