『ヒト』を最適化しよう。

キリスト『少しばかりの酒を飲もう。それが自分の心を癒してくれるのなら。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

『自分にとって強い酒』を飲んで『自分』を見失っているようではだめだ。だが、『自分にとってほどよい酒』を飲んで『悲しみ』を忘れるのは良い。酒を分解のは人間の体内にある酵素である。この酵素は人によって量が違う。従って当然、人によって酒の強い、弱いが決まる。

 

まさか、自分に『たまたま』その酵素が多いからといって、少ない人に対し酒を強要し、『弱いな』などといって侮辱し、煽り、酒を無理やり飲ませ、急性アルコール中毒で死に至らしめるようなことはしていないだろう。自分にとっての『適度』は、自分の体がよく知っている。自分と向き合い、自分と相談し、時には酒を飲んで人生の悩みを中和しよう。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
格言の書 第31章。

関連する黄金律

『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧