『魯迅の言葉』を自分のものにしよう!

魯迅とは(画像

中国思想家。中国の小説家であり、翻訳家・思想家で有名な魯迅は、1881年の9月25日に生まれます。日本へ留学した際に日露戦争のニュース映画を見て、中国人がどのように扱われているのかを知り、医学ではなく文学による精神の改造こそが必要だと考えたことが、小説家になるきっかけの一つとされています。代表作として『阿Q正伝』、『狂人日記』があります。被害妄想狂の心理描写が画期的で、大きく話題になりました。

 

魯迅が残した名言として「偉大な人物が化石となり、人々が彼を偉人というときが来れば、彼はとうに傀儡に変じているのだ。」というものがあります。皮肉めいた内容に見えますが、それでいて説得力を感じさせる、おもしろい言葉です。

メニュー

内省記事一覧