『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『建設が好きなら朗報がある。永久に、それは末代まで響く建設があるのだ。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

『建設』というのは俗に、建物・施設・道路などを、新たに造ること。あるいは、新しい機構や組織を作り上げることを言う。『建設的』というのは俗に、その事の良さを積極的に認めた上で、さらに良くしていこうとするさま。 物事の成立や進行をおし進めようとするさま、前向きなことを言う。『鬼ごっこ』とは違って『建設』とは、逃げない。それが決定的なポイントだ。

 

『人生を建設的に生きる』という言葉の意味は、まるで家を建設していくかのように、基礎、土台作りから確実に一歩一歩積み重ねて生きること。その作業の一つでも手を抜こうものなら、後でそこが原因となって家が崩れる。そう考えて、このやってくる毎日を、『同じ毎日』だとは絶対に考えない。『確かな一歩』だと考えるのである。

 

自分のその『建設』が、末代にまで響く意味あるものだと知ったなら、そういう人の血は沸き、肉は踊る。自分の子孫に最高のバトンタッチが出来るからだ。人間にとってそれ以上の喜びはない。

 

ある動物は、自分の子供を産んだ瞬間に命を落としてしまう。彼女にとって、子供を産むのは命がけなのだ。いや、命と引き換えなのだ。しかし、そんな彼女を見て我々は、なぜ『哀れ』だとは思わず、『尊い』と思うのだろうか。『それ』が、人間も含めた全ての生命の、矜持だからだ。命を繋ぐために、我々は今日も明日も生きていくからだ。それが使命なのだ。

 

だとしたら『建設』の意味するところはあまりにも大きい。『鬼ごっこ』をしている暇など、一分もない。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
法句経18。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧