『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『自我を支配し、それを”延長”させるな。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

言い負かされそうになったり、自分より優れた相手を見たりすると、頭の中に不快な脳内麻薬が放出されるかのごとく、我を忘れ、むやみに人を批判したり、揶揄したり、攻撃してしまうものだ。

 

延長自我』とは、聞かれもしないのに、自分の話を押し付けて、相手を困らせ、不快にさせてしまう現象である。『自我(自分)』が、相応を超えてしまった、つまり、『身分不相応』にふるまう状態である。

 

そもそも『見栄』とは、意味を勘違いしている人が大勢いるようだが、『自分の実力以上に見せる気持ち』のことを言う。『背伸び』のように、自分の身長以上に見せるということ。それをして、いったい何になるというのか。虚しくは、ないのか。

 

ミエ(見栄)は張るものではない、(見得)切るものである。どうせ張るなら、見栄ではなく、意地を張れ。不快な脳内麻薬が放出されるのであれば、その反対である、抑制する脳内麻薬も放出することが出来る。脳を支配し、心を支配し、己を支配せよ。たった一度のこの人生、虚しい人生を生きるべからず。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
経集862。

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』 『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧