名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ソクラテス『今日の法廷には、このボロボロの普段着一枚で行くよ。立派な衣装で弁明すれば、真実が話せるとは限らない。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

ミエ(見栄)は張るものじゃない。切る(見得)ものだ。どうせ張るなら、意地を張れ。だがソクラテスの場合は、意地を張ったわけではない。『知性を貫いた』のだ。私はようやく10年以上前から思っていた疑問の答えを、断固として答える人間に出会った。

 

ソクラテスだ。

 

私は髪を染めていた頃、就職や社会の為に『黒く染める』ことや、『七三分けが印象がいい』などという常識に、納得することが出来なかった。その他にも、『満員電車に乗ることは日本の社会人の常識』だとか、『社交辞令が出来ない人間は、子供』だとか、どれもこれも体裁を気にした話ばかり。そのくせ、中身が伴っていない人間ばかりではないか。(もちろん自分もだ)

 

だがそれが明らかに蔓延していて、それに反する者は、問答無用で反社会的な評価の烙印を押される風潮があった。(なぜ外見にそこまでこだわらなければいけないんだろう。外見を整えるということは、『嘘』じゃないか。本人の意志じゃないんだ。偽っている。

 

社会に、大人に認めてもらう為には自分を偽らなければならないのか。だとしたら、自分のこの『意志』は、なんなんだろう。無くてもよかったんじゃないか。ある意味がないんじゃないか。等身大の自分で生きられず、自分を曲げて生きる人生に、俺は魅力を感じることが出来ない。)

 

とまあ、ここまでの葛藤を思春期に抱く者は珍しくないだろう。だが、私の場合はその意志を『未だに』抱いて生きている。

 

『ザッポスの奇跡』という本では、あの、ネット界の圧倒的重鎮『Amazon.com』が、吸収、でも、合併、でもなく、『求婚』した靴の通販会社『ザッポス』の企業価値について考えることが出来る。

 

この会社では私が思春期に抱えた葛藤など無意味だ。皆、タトゥーを入れたり、鼻にピアスをしたり、髪の毛をピンクにしようがモヒカンにしようが文句など言わない。様々な人種が共生する社会、グローバル文化が当たり前の国、そしてインターネットという世界では仕事さえちゃんとやれば、支障はないからである。

 

『個性』を殺して生きるよりはよっぽどいい。Amazonから800億円で求婚されたザッポスという会社には、それがまかり通る『常識』があるのである。

 

 

日本人がなぜ『ガラパゴス化』していて、グローバル市場に出ることがこんなにも遅れているかというのが、戦後70年間の間に植えついた『非常識な常識』を考えればわかってくる。

 

日本人は英語を公用語とするのを拒否したのだ。もちろん『意志を貫いたこと』にメリットもある。だからこそ日本は、世界で唯一、2000年以上もの間、『日本』として在り続け、一度も国名を変えていないというのが、日本の誇りだ。

 

小笠原諸島やガラパゴス諸島のように、どことも陸続きにならないからこそ独自に発達、進化した文化があり、『Cool JAPAN』、『サムライ』、『わびさび』というのは、今も日本の宝だ。

 

だが『世界のリーダー』には相応しくない。それでいいのだろうか。世界に合わせる必要がないと。それでいいなら、独自の文化をひた守る北朝鮮を、責めることをしてはならないのではないだろうか。

 

責めるなら、日本はグローバルな視野を持って何から何まで組み替えるべきだ。髪の毛の色が違うというだけで職につけない、偏差値が低いというだけで無能のレッテルを貼る、そういうスクリーニング(ふるいにかけること)で、残る人材など、所詮『ガラパゴスの材料』である。

 

『不易流行(ふえきりゅうこう)』とは、いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。つまり、『不易流行』を実践すればいいのだ。日本らしさを失わずして、グローバル大国に昇華することは可能なのだ。

 

ソクラテスの話に戻ろう。彼が言うこの『法廷』とは、『人生を決める運命の裁判』のことだ。自分の『命』がかかったその一世一代のはずの大舞台で、裁判員たちの機嫌を取るようなことをしないソクラテス。彼はその後の裁判でもちろん『真実』を話し、裁判員たちの怒りを買い、死刑に票を入れられた。だがソクラテスは、『知性』を貫いたのだ。

 

私の知り合いの公認会計士に、こういう生き方をする人間を揶揄して見下す者がいた。彼曰く、『要領が悪い』のだという。

 

私はそうは思わない。そして彼との友人関係も、もう終わっているのだ。そうなったやりとりが、とても『ソクラテスと大衆』のそれに似ている。いつの世も、人の人生は尊く、そして虚しいものである。それにすがりついてしまうのが、人間という生き物なのかもしれない。

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ソクラテス『今日の法廷には、このボロボロの普段着一枚で行くよ。立派な衣装で弁明すれば、真実が話せるとは限らない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『自分に死の危険が迫ったからと言って、今まで自分が納得していた原則、真理と言ってもいいが、これを捨てることは絶対に出来ない。』

 

『僕は自分が納得できないものには従わない。よくよく考えて、正しいと納得した原則にのみ従うことにしている。』

 

『食塩の善さは『からい』ことにあり、砂糖の善さは『甘い』ことにあるように、裁判員の善さは『正しく裁く』ことに、また弁論する者の善さは『真実を語ること』にある。』

 

『大きな湖も少しずれた高い丘から見ると、その形がわかるように、この裁判も少しずれたところから眺めると、真実が見える。』

 

『数学の正しい答えを多数決で決めることがあるか?善悪の判断も同じことである。』

 

『不正をしている仲間に入るより、「どんな危険があろうが、国と正義のために戦おう」と心に誓ったのだ。』

 

『有罪として私を殺そうが、あるいは無罪にしようが、わたしの生き方は変わらない。たとえ何度殺されても。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP