名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『焦り、迷うだろう。それでいい。40歳が節目だ。この年齢までに、心を整えよ。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

孔子は40歳を節目の年齢とみなしていた。10代20代は、いろいろと経験したことだろう。実は、四聖』に数えられる残りの3名、ソクラテスブッダキリストも、 時代背景も手伝ってはいるが、同じように人生を葛藤した青年時代を過ごしている。

 

時代背景に大きな違いはあるが、そう考えたら、元気づけられないだろうか。(あの聖者たちも、そんな時代があったのか)と思えば、人生について、大いに葛藤し、道を見極めんとする時期は『必要』なのだ。

 

40歳までには大体の形が整っていればそれでいい。 なんとなく、これぐらいが節目だと思って、大いに悩み、大いに行動し、大いに世界を旅をすることだ。

 

『世界を旅する』というのは別に、本当に旅するだけのことを指すのではない。それも当然良い。だが、本を読み、歴史を紐解いて、世界のことにくまなく目を配る。あるいは、自分の心と思う存分に向き合い、真実の答えを探究する。これも『世界を旅する』ことに該当するのだ。

 

その中で、自分がこの一度しかない人生で、さしずめ『全人間が、種が絶滅するその日まで続ける、人生というこのリレー走』で、どんな走りを見せ、次のバトンを繋ぐのか。それを決断するのだ。

 

 

参照:子曰く、吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。

(為政第二-四)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

孔子『焦り、迷うだろう。それでいい。40歳が節目だ。この年齢までに、心を整えよ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『内部で創り上げた意志を、外部と切磋琢磨していく。』

 

『歪曲した解釈はダメだ。しかし、適応させていくことは必要になるのだ。』

 

『法律?私は認めていない。』

 

『知らないことを知らないと言えるのが、本物の知者である。』

 

『リーダーはスペシャリストを経て、ジェネラリストになれ。』

 

『あなたは本当に信心深いか?エセ(似ているが違う人)ではないのか?』

 

『無用の学を重んじよ。』

 

『カメの生き様を見極めよ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP