名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『5合目が晴れているからといって、その先の天気も晴れということにはならない。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

山を登ってみればわかることだ。だからもし山を舐めて、軽率な準備をして登山に臨めば、すぐにこの意味を思い知ることになるだろう。

 

ここで孔子が言うのは、『備えあれば憂いなし』ということである。私はこの言葉を小学生の頃から聞いていたが、正直意味をよく理解していなかった。『そうだね』 程度の理解はあるのだが、それが軽薄だったのだ。

 

遠足に行く前に準備をちゃんとして、すれば楽しい遠足になるし、しなければ遠足で嫌な思いをする。その程度の理解でしかなった。もっとも、学校側としては小学生に対しては、それで十分だということだっただろう。

 

しかし、この言葉の意味を本当に知ることになるのは、もはや、言葉の意味と人生の意義に、真正面から向き合おうとした、20代に突入してからである。備えをしないことで多くの失敗をして、取り返しのつかないことの一歩手前の出来事も『多々』あった。

 

海外の文化に触れたり、実際に富士登山もして、思い通りにならないことがたくさんあることを思い知った。

 

リンカーン は言う。

『不測の事態に備えよ。』

 

この言葉も、孔子の言葉も、小学生で習ったあの言葉も、言うのは易しだ。行うのは難しだ。しかしこれが出来たなら、それは偉業を成したと思ってもいい。『前始末』が出来ないのが、人間なのだ。

 

 

参照:子曰わく、人にして遠き慮なければ、必ず近き憂いあり。

(衛霊公第十五-十二)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

34.『後始末では遅い。前始末をせよ。

取り返しのつかない悲しい事件が起きた後に動き出しても、もう遅い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

孔子『5合目が晴れているからといって、その先の天気も晴れということにはならない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『友達になった途端に「金を貸してくれ」?もう言わなくてもわかるだろう。』

 

『世間の評価が正しいなら、キリストとソクラテスは処刑されて当然だったということになる。』

 

『同じことを言っているのに、ある人の意見は聞き、ある人の意見は聞かないというのはどういう了見だ。』

 

『どう伝えるべきか。十人十色の相手に対し、言葉で伝えるのは容易ではない。』

 

『イザというときに人間の真価が問われる』

 

『相手が無知か。自分が無知か。そのどちらを思うかで、人の器が決まる』

 

『自分がされて嫌なことは他人にもしてはいけない。』

 

『自分より人格的に劣った者を”友”としてはならない。』

 

『人格を育てるのは育児ではない。教育である。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP