名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『人間は土壇場で本性が変わる。だとしたら彼らの声は、傾聴に値しない。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

つまり、土壇場で本性が変わらない人間なら、傾聴に値するのだ。

 

ルカによる福音書 第22章の『ペトロと雄鶏』は有名だが、この話の様に、人間は、自分の身が助かるというのであれば、平気で普段、『友だ』、『師匠だ』と言って媚びへつらう人間を、売る。

 

なぜなら彼らは、本当に彼らの事を尊敬しているのではなく、彼らの事を、『自分の人生を充実させるためのアイテム』か何かだと思っているのだ。そして、表層上では良い関係を装い、キープするが、実際の部分では、『利用』しているという自負がある。

 

裏と表で顔が違う。これを『表裏的』と言う。今度、表裏的な人間かそうでないかを見極めながら、注意深く人と話をしてみると良い。恐ろしい事実に、ひしひしと気づいてくるのを思い知るだろう。

 

何しろ『人間』とは、往々にして表裏的なのである。

 

だが、臆する必要はない。人間など、最初からそういうものなのだ。最初からそういうものだと知ったなら、幾分か気は楽になるものだ。

 

それに、そうじゃない人も中にはいる。あるいは、(そうなりたくない)と思う誠実な人もいるのだ。そういう人を『友』とするべきである。もしこの話が理解できないなら、それはただ、人間の本性を知る『土壇場』を経験してないだけだ。時間の問題である。

 

 

参照:『エレミヤの書 第5章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

22.『本当の友人とは。

真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

 

 

 

 

キリスト『人間は土壇場で本性が変わる。だとしたら彼らの声は、傾聴に値しない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『白から黒はすぐだ。だが、黒から白に戻すのは容易ではない。』

 

『真理に目を向けられないのが、もし”臆病者”だとしたら?』

 

『不誠実が嫌いなら人間を辞めるしかない。赤子が誠実なのは、人間としてまだ未熟なだけだ。』

 

『なぜ人間を中心に考えなければならないのだ。全て平等に扱う。』

 

『その偶像は一体なんだ?誰がその像を拝めと言ったのだろうか。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP