名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『正直者が馬鹿を見た?それがどうした。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

この世には諺がたくさんある。例えば、『二度あることは三度ある』、『三度目の正直』、これは、どっちが正解? 同じ結果が三度重なるのか、三度目には違う結果になるのか。

 

もう一度言おう。 この世には諺がたくさんある。言ったのはそれだけだ。それ以外のことは言っていない。例えば、『この世の諺は、全て的を射ている。 必ずその通りになるだろう。胸に刻み、頭に焼き付けるべし。』とは言っていない。

 

では、『正直者が馬鹿を見る』という諺があるが、それも同じ見解でもって向き合えばいいだけだ。 馬鹿を見ないこともある。だがそもそも、『馬鹿を見た』というのはどういう了見からだろうか『馬鹿』と『知者』の分別を付けられているのだろうか。

 

例えば、もういきなり上級者向けの話をするが、金持ち父さん貧乏父さん』にも書いている様に、 自分が『金持ち父さん(人生の勝利者、支配者)』だと思っている『貧乏父さん』がいるが、 彼は『馬鹿』、『知者』、どっち?

 

 

そう考えると、いささか『正直者が馬鹿を見る』という言葉の意味も、 使いこなせているかどうか、定かではない。

 

例えばここに書いたが、

ギン『おれには…この人を殺せません!!!』

 

『馬鹿を見た』というのはさしずめ、 『負を飲み込んだ』ということでもあるはずだ。だが、それが『損』だと捉えるか、『損して得取れ』と捉えるかは、本人次第だ。

 

かくいう私が、20代以前に、このテーマについてひどく葛藤した人間である。だからこそ言えるが、 いろいろとまだ知らないのに、こうだと決めつけない方が良い。 まずは知ることだ。それからだ。何か文句を言うのは。

 

 

参照:『コリント人への第一の手紙 第8章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

キリスト『正直者が馬鹿を見た?それがどうした。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『自分が賢いと思い上がった瞬間に、この世の誰かより愚かに成り下がる』

 

『大人と子供。小人と成人の違いを知れ。』

 

『利に傾いた人間は、盲目状態である。盲目の状態で崖の淵を歩くとどうなるか。考えてみるといい。』

 

『目を覚ませ。本当の人生は、そこから始まる。』

 

『妻と夫は一心同体だ。義務というより、そこには使命がある。』

 

『自分の魔性(罪)と戦った?それがどうした。人に自分の怠惰を見せびらかすな。』

 

『肉体は老い衰える。だが、自分の心はそうではない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP