名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『人を騙さない人は大勢いても、軽んじない人は意外に少ない。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

『人を騙す』という行為は、往々にして故意に行われる。だから、(騙していない)という意識が植えつきやすいが、『軽んじる』ということは、往々にして無意識に行われる行為である。(軽んじていない)つもりでも、実際には軽んじていることが多い。

 

例えば、風邪を引いている人がいる。間違いなく彼・彼女を重んじることは、看病をしたり気に掛けることである。しかし、軽んじる人は、

 

『あっそう、風邪ひいてるんだ。だるいよね。』

 

などと言うには言うが、それ以降は特に触れない。それよりも自分が楽しみにしている都合があるからだ。風邪を引いている人の為に、その都合がないがしろにされることは許さない。

 

彼は確かに『騙した』わけではない。しかし、『軽んじた』のである。そう考えると、確かに『騙す』ことはしなくても、『軽んじる』ことは常々行われていることである。

 

だとしたら人としてまだまだ未熟だ。伸びしろがある。あらゆる生き物に対して慈悲の心を育てられるよう、日々鍛錬する必要がある。 それが地球のリーダーを名乗る者の務めだ。

 

 

参照:経集148,149

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ブッダ『人を騙さない人は大勢いても、軽んじない人は意外に少ない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『私は固執しない。それは執着だからだ。執着は罪である。心を乱す源である。』

 

『眠るときでさえ、人は動いている。だとしたら人間はやるべきことは一つだ。』

 

『分け隔てない人間関係を築けているか。いないなら、それは人間の姿ではない。』

 

『全ての生命が、安穏でなければならない。』

 

『感情に身を任せない。いや、というよりも、信号に身を任せないよう心掛けよ。』

 

『苦しい?それはしがみついているからだ。執着しているからだ。』

 

『自分の身体の構造が見えないのは、幸か不幸か。』

 

『表面を気に掛けるのはわかる。わかるが、人がいなければそれをやらないと思うと虚しい。』

 

『歩く、立つ、座る、寝る。伸びる、縮む。これだけだ。これだけしかできない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP