名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『いつも心が乱れている様な人とは一緒に居ない方が良い。つまり、自分を過信しないこと。人間を過信しないこと。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

一見するとこの言葉は、何かこう排他的なような、自分だけが生き延びればいいというような、冷たい人間の印象も持つ。特に私が恩師から教わってきたこと、あるいはちゅっちゅが教えてくれたことに反するこれは、言葉に聞こえる。

 

 

しかしそうではなく、『ミイラ取りがミイラになる』というように、人の力を過信してはならないということなのだ。つまり、別に彼らの存在を見下し、スルーするという意味ではない。むしろ、断固として立ち向かう。まるで、暗闇の中に燦然と輝く、月の光の様に、断固としてたたずむのだ。

 

ただし、間違っても『親しく』してはならない。つまり、闇の力を侮ってはならない。彼らに近づけば、彼らの毒素を浴びることは必至だ。自分がもし、人の心の負の闇に侵され、苦しんでいるというのなら、無理をして彼らと親しくする必要はないということだ。

 

無理をするとたちまち負に呑まれてしまうだろう。人間の負の力を侮ってはならない。自分を過信してはならない。人間は、せめて断固として揺るがないことぐらいしか出来ないのだ。それ以上のことが出来るなら、人間はこの世の戦争、差別、貧困、格差を止めているだろう。

 

『一人だけが救われるのは卑怯だ』という発想ではない。『一人一人が救われればこの世の闇は消える』という発想で、真理の言葉と向き合わなければならない。

 

 

参照:経集259

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ブッダ『いつも心が乱れている様な人とは一緒に居ない方が良い。つまり、自分を過信しないこと。人間を過信しないこと。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『心の教育は時間がかかる。本人、あるいは教育者はこのことを肝に銘じるべし。』

 

『自分の武器となる物は様々だ。剣を使う者もいれば、弓を使う者もいる。それでいい。』

 

『車の運転事故がある。そして、無いこともある。それはなぜだと思うか。』

 

『身分相応と、身分不相応という言葉を知ると、人として一気に上に行ける。』

 

『まさか、損な役を買って出て、自分の心の汚れに手を突っ込んでくれた人間を、友人ではないと無下にしてはいないだろうな。』

 

『まさか、間違いを正してもらったことを捏造するような人間が、友人だと思っているわけではあるまい。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP