名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『食欲は誰にでもあると思う。そして、この世の苦しみも、誰もが味わっていると思う。…ということは』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

答えはこうだ。

 

『執着は罪』。

 

それをまず絶対原則として理解することが重要である。

 

しかし『執着を捨てる』というと、なにかこう『手放す』ような、『損をする』ような、そういう感覚に襲われる人がいるのではないだろうか。とくにこの『食欲を捨てる』ということなど、特にそうではないだろうか。

 

だってそうじゃないか。
食べないと人は死んでしまう。
食べるために生きてるんじゃないか。
食べるために仕事するんだ。
やりたくもない仕事をさ。
だって内から湧き上がってくるんだよ。
それを欲望というのか何だかは知らないけど、
こみあげてくるってことは、それは必要だってことでしょ。
必要だから欲しくなるんでしょ。

 

そうだよ絶対そうだよ。
だって、それを耐えたら苦しいじゃん。
辛いじゃん。欲しくなるよ。我慢できないよ。
する意味も分からないし。なんで我慢しなくちゃいけないの。
それ食べると、スッキリするんだよ。
イライラしなくなる。平静を保てるんだ。
ああ欲しい。欲しい。腹減ったよ。

 

牛丼カレーに焼肉焼きそば、ラーメンかつ丼うな重天丼…
食後にスイーツが食べたいな…

 

もういいだろうか。もうわかっただろうか。その苦しみの原因が、理解できただろうか。それが『執着』である。

 

ソクラテスは言った。

『生きるために食べるべきで、食べるために生きてはならぬ。』

 

あるいはエコロジー思想の先駆者、ヘンリー・デイヴィッド・ソローは言った。

『パンを得る過程においておのれの潔白を失うようなら、むしろひと思いに餓死する方がいい』



『食べるために生きている』のであれば、『食べるためには時には盗む』という方向に考えが向かってしまう。もちろんそういう状況もあるだろう。だが、日本人は震災の時、世界中から称賛されたではないか。

 

『盗まない選択肢』を選んだことで、こう言われた。

 

『世界一誇り高い民族』。

 

欲望への『執着』を捨て、人間への『愛着』を持とう。罪を犯した自分には、およそ愛着など持てまい。

 

 

参照:法句経76

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ブッダ『食欲は誰にでもあると思う。そして、この世の苦しみも、誰もが味わっていると思う。…ということは』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『別にこう言う必要はないが、内省する人は瞑想者(ヨーギ)と呼ばれるに相応しい。』

 

『自分の心の声を絶対に誤魔化すな。』

 

『自分の欠点を包み隠さず言える人間が本物だ。それ以外は偽物だ。』

 

『子供への執着は誰にでもあると思う。そして、この世の苦しみも、誰もが味わっていると思う。…ということは』

 

『結果に対する欲は誰にでもあると思う。そして、この世の苦しみも、誰もが味わっていると思う。…ということは』

 

『自分の内面を見つめようとしない人とは、付き合うべきではない。彼らはまるで、虚ろだ。』

 

『建設が好きなら朗報がある。永久に、それは末代まで響く建設があるのだ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP