名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『まさか、間違いを正してもらったことを捏造するような人間が、友人だと思っているわけではあるまい。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

相手のことを本当に思っていればいるほど、当然、おべんちゃらや媚びへつらいをし、表層的にだけ仲がいいように振る舞うような真似に甘んじることはない。私の周りでは、そういう表層的な関係が随分長い間続いていた。表では愛想笑いをし、裏では陰口を言う。こんなものは本当の友人ではない。しかし、皆友人がいなかったから、それに甘んじて依存していたのである。

 

随分そういう人間関係を続けたある日のことだ。私はとある人物の誕生日に電話を入れたが、その内容はいつものように、彼の暴力性に恐れおののき、媚びへつらうようなものではなかった。むしろ、彼のそういった凶暴性や、高圧的で傲慢な態度を戒めるために、何年もの間近くで見てきて、思ってきたことを隠すことなく告げたのだ。

 

すると彼は居直った。例えば『もう嘘はつくな。人から信用されなくなる。』と言うと、『は?俺は嘘をついたことなんか一度もねえよ』と言って、言い返した。彼は誕生日のお祝い電話だと思っていただろうから、唐突なその出来事を、予期していなかったのだろう。

 

しかし、その言葉は何年も何年も積み重ねてようやく告げた助言だった。その助言を突き放すのなら、もう二度と二人の仲は元に戻れなくなるほど、覚悟のこめられたものだった。

 

ブッダは言う。

『もし相手が友であるに値しないような、聞く耳を持たぬ人間であるなら、君はその人から『うるさいなあ』と疎まれるだろう。けれどもその結果、そんな人からは嫌われて仲良くしなくてすむようになるのだから皮肉なことに、聞いてもらえないなりに良い結果になる。』

 

友の間違いは正すのが、友の使命である。それを理解できないのなら、そこに友人関係はないのだ。

 

 

参照:経集120

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

22.『本当の友人とは。

真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

 

 

 

 

ブッダ『まさか、間違いを正してもらったことを捏造するような人間が、友人だと思っているわけではあるまい。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『身分相応と、身分不相応という言葉を知ると、人として一気に上に行ける。』

 

『いつも心が乱れている様な人とは一緒に居ない方が良い。つまり、自分を過信しないこと。人間を過信しないこと。』

 

『まさか、損な役を買って出て、自分の心の汚れに手を突っ込んでくれた人間を、友人ではないと無下にしてはいないだろうな。』

 

『まさか、表面的なことが整っているからといって、彼が人格者だと思っているわけではあるまい。』

 

『欠点や美点で判断するような人間を、まさか友人だと思っているわけではあるまい。』

 

『テイク(貰う)しておいてギブ(与える)をしない。まさか、そんな人間が友人だと思っているわけではあるまい。』

 

『違和感を覚えるなら無理する必要はない。往々にしてその違和感が正解だ。』

 

『孤高なら理解者がいなくても屈する必要はない。粉みじんもない。それを断言しよう。だが…』

 

『真の友がたまたま周りにいなくても全く問題はない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP