『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

寺山修司『時には、言葉は思い出にすぎない。だが、ときには言葉は世界全部の重さと釣合うこともあるだろう。そして、そんな言葉こそが『名言』ということになるのである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

例えば、ショーペン・ハウエルのこの言葉だ。

 

これは真理の言葉だ。何しろ、『真理』というのは、『普遍的かつ、不変的なこと』なのである。それに比べて、

 

そんなの関係ねー!

 

という言葉は、今では良い思い出だ。

 

『時には、言葉は思い出にすぎない。だが、ときには言葉は世界全部の重さと釣合うこともあるだろう。そして、そんな言葉こそが『名言』ということになるのである。』

 

例えば、下記にまとめた黄金律は、そういう名言を38にまとめたものである。

 

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律

 

先ほど言ったショーペン・ハウエルの言葉は以下の黄金律、

 

『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。』

 

ここに入る言葉である。これらは全て、不思議な言葉だ。宗教が違う。時代が違う。国家が違う。立場が違う。それなのに、なぜこの世を生きた様々な差異ある偉人たちは、同じ場所に目を向けることになったのか。

 

それは冒頭にも書いたように、真理だからである。『1+1』が、今後2,000億年経っても変わることがない事実であるように、真理というものは、この諸行無常の世の中でひときわ異彩を放つ存在だ。

 

アインシュタインは言った。

 

アインシュタインも数学の不変性は認めている。だが、真理とは、人間がそう簡単に実態を把握できるようなものではない。だからアインシュタインもこの言葉で、『しかし人間には到底理解できない力が存在する』ということを示唆している。

 

数学

 

さて、ここで以下の記事を載せたい。

 

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』 『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

この記事を理解できる人はどれだけいるだろうか。私が導き出したこの言葉が『名言』になるかどうかは、世の人間次第だ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧