名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

西郷隆盛 名言/格言

西郷隆盛

 

西郷隆盛とは(画像

日本政治家。生誕1828年通称『維新の三傑』。西郷隆盛(1828~1877年)は、上野の山の「西郷さん」でおなじみの幕末の偉人です。討幕運動から明治以後の日本をリードした薩摩・長州藩の中でも中心的な人物とされており、長州藩出身の木戸孝允、幼馴染だった大久保利通とともに「維新の三傑」と言われています。

 

下級藩士の出身だったものの、英才の評判が高かった当時の薩摩藩主島津斉彬に見出されて出世し、斉彬の死後は流罪に遭うなどの紆余曲折を経たものの、幕末において薩摩藩の指導的な立場となります。もっとも有名なのが勝海舟との交渉による江戸無血開城で、これが実現したことで江戸が火の海にならずに済み、明治以降の発展の礎を築くことができたと評価されています。

 

しかし維新後は征韓論を唱えるなど大久保利通らと対立し、最後は西南戦争の指導者となり破れて自害しました。その悲劇的な死も、西郷人気を現在まで維持させている要因となっています。

 

西郷隆盛関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

西郷隆盛の言葉


 

『命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

倒幕、維新に尽力し、木戸孝允と大久保利通とともに、『維新の三傑』として幕末に活躍した西郷隆盛。西郷の無私無欲な人間性は有名で、官僚たちが利権に走る中、ただ一人、贅沢とは無縁な生活を貫き通したのだ。

>>続きを見る

 

『急速は事を破り、寧耐は事を成す。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『寧耐(ねいたい)』とは、落ち着いて耐え忍ぶこと。また、『急がば回れ』とは、急ぐときには、危険な近道より、遠くても安全な本道を通るほうが結局早い。という意味。

>>続きを見る

 

『志を貫くためには、玉となって砕けることを本懐とすべきであって、志を曲げて瓦となってまで、生きながらえるのは恥とする。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

堅い言葉で、重々しく聞こえるかもしれないが、実際にそういう人が目の前にいたら、まず間違いなく心を鷲掴みにされるだろう。

>>続きを見る

 

『幾たびか辛酸を経て、志ははじめて固まるものだ。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

キリストの言葉の超訳で、『艱難辛苦が器を広げる』という記事を書いたが、バイロンも、

>>続きを見る

 

『間違いを改めるとき、自ら間違っていたと気付けばそれでいい。そのことを捨てて、ただちに一歩を踏み出すべし。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

間違いを悔しく思い、取り繕うと心配することは、たとえば茶碗を割り、その欠けたものを合わせてみるようなもので、意味がないことである。

>>続きを見る

 

『徳盛んなるは官を盛んにし、功盛んなるは賞を盛んにする。』

 

カテゴリー:知性/知恵

機械は平等に、処遇は公正に。これは、ブッダの言葉が語源である。

>>続きを見る

 

『敬天愛人(天を敬い、人を愛する)。』

 

カテゴリー:教育/愛情

孔子は、『神を”尊敬”はしても、”崇拝”はするな。』と言って、その他の宗教が『偶像崇拝』を戒めるのと同じように、過度の盲信にブレーキをかけるような言葉を残している。

>>続きを見る

 

『僻論(へきろん)』というのは、『間違った意見』という意味だ。正論の対義語という意味合いである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『僻論(へきろん)』というのは、『間違った意見』という意味だ。正論の対義語という意味合いである。

>>続きを見る

 

『己を利するは私、民を利するは公、公なる者は栄えて、私なる者は亡ぶ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

自分の私利私欲のことばかり優先している独裁者と、大勢の民の繁栄と幸福を心底から願う人格者。人は、そのどちらに上に立ってほしいと思うだろうか。答えは言うまでもない。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP