名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

魯迅 名言/格言

魯迅

 

魯迅とは(画像

中国思想家。中国の小説家であり、翻訳家・思想家で有名な魯迅は、1881年の9月25日に生まれます。日本へ留学した際に日露戦争のニュース映画を見て、中国人がどのように扱われているのかを知り、医学ではなく文学による精神の改造こそが必要だと考えたことが、小説家になるきっかけの一つとされています。代表作として『阿Q正伝』、『狂人日記』があります。被害妄想狂の心理描写が画期的で、大きく話題になりました。

 

魯迅が残した名言として「偉大な人物が化石となり、人々が彼を偉人というときが来れば、彼はとうに傀儡に変じているのだ。」というものがあります。皮肉めいた内容に見えますが、それでいて説得力を感じさせる、おもしろい言葉です。

 

魯迅関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

魯迅の言葉


 

 

『もともと地上に道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

私がこの半生を生きてきて、かくも虚ろで無情 なこの世を生きてきて、確かだと思ったことがいくつかある。

>>続きを見る

 

『夢はいいものです。そうでなかったら、お金が大事です。』

 

カテゴリー:お金/資産

私は『夢』と『金』を同時の次元に置いてはいけないと10年前に考えたが、今もそれは変わっていない。魯迅のこの言葉と向き合って再度考え直しても、同じことだ。

>>続きを見る

 

『青年時代には、不満はあっても悲観してはならない。つねに抗い、戦い、かつ自衛せよ。』

 

カテゴリー:自己/精神

つねに抗い、戦い、かつ自衛せよ。もし茨(いばら)を踏まねばならぬものなら、もとより踏むのが良いが、踏まずにすむものなら、みだりに踏むべきではない。

>>続きを見る

 

『天才なんかあるものか。僕は他人がコーヒーを飲んでいる時間に仕事をしただけだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

もっとも耐え抜いた。それはつまり、残っている者は、自分だけということになり、その状態を『勝利』と言う。

>>続きを見る

 

『沈黙しているとき私は充実を覚える。口を開こうとすると、忽ち空虚を感ずる。』

 

カテゴリー:自己/精神

『忽ち(たちまち)』と読む。普通は、逆の発想をする。人と群れて、人と繋がり、人と話して、人生を充実させる。そう考える人が圧倒的に多い。

>>続きを見る

 

『自己満足しない人間の多くは永遠に前進し、永遠に希望を持つ。』

 

カテゴリー:自己/精神

イチローは言った。『最大の武器?それは、何かにトライしていこうとしている自分がいるということです。』

>>続きを見る

 

『青年時代に悲観していてはいけません。徹底的に戦うのです。』

 

カテゴリー:自己/精神

ドイツの政治家、オットー・フォン・ビスマルクは言った。『青年にすすめたいことは、ただ三語につきる。すなわち働け、もっと働け、あくまで働け。』

>>続きを見る

 

『いかなる暗黒が思想の流れをせきとめようとも、いかなる悲惨が社会に襲いかかろうとも、いかなる罪悪が人道をけがそうとも、完全を求めてやまない人類の潜在力は、それらの障害物を踏みこえて前進せずにはいられない。』

 

カテゴリー:自己/精神

人間が生きている意味はあるのだろうか。いや、ない。あったとしても、それは正当化の可能性が高い。だが、『正当化で何か問題があるか』と問われたとき、口を紡いでしまう人は多いだろう。こんな話をするのは、人間しかいないからだ。

>>続きを見る

 

『うしろをふり向く必要はない。あなたの前には、いくらでも道があるのだから。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

魯迅はこうも言った。『もともと地上に道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。』人生を生きていれば、後悔することもあるだろう。

>>続きを見る

 

『決心する限り、奮闘する限り、必ず成功する。』

 

カテゴリー:成功/幸福

本来は何もない、この混沌とした虚無たる宇宙の闇。そこに、確かに存在する、我々人間の意志。これは一体なんだ。意志だ。自分が生きている証明だ。

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP