名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

大佛次郎 名言/格言

大佛次郎

 

大佛次郎とは(画像

日本作家。生誕1897年

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

大佛次郎の言葉

 

『若い人には若い日の花があるのと同時に、老いたる人には老人の日の花があるのだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

私が常々部下に言っているのはこうだ。『お前、今やっているその怠惰は、後で死ぬほどやることになるぞ。

>>続きを見る

 

『自分の生き方さえ求めたら、現在の暮らしよう、生き方は必ずある。』

 

カテゴリー:人生/生死

今日踏み出す一歩がわからない。そういう人がいるのだとしたら、それはまず第一に『未解決問題』を抱えているということ。

>>続きを見る

 

『忙しい世の中だが、過去の時間や、真実、美しいものに没入して味わう為には歩いていくのが大切である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『忙しい』と言っていることで、まず、忙しなく流れていく時間の流れや、日常の生活を想像することになる。だが、その流れに身を任せてしまうと反応的になり、それはつまり主体的ではない。

>>続きを見る

 

『いざという場合になると、人間は卑怯か卑怯でないかの二色に分けられる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

そして、いざという場面にならないと、辺り一面にいるのは『卑怯ではない』人間を演じる人ばかりとなる。

>>続きを見る

 

『未熟な若さというものは、仮借ないもの。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『仮借(かしゃく)』というのは、許す、見逃すという意味だから、未熟な若さは、見逃すわけにはいかない、という意味だ。しかし、20歳以下の少年たちが未熟な若さを持っているのと、30にも40にもなった人間がそれを持っているのとでは印象が違う。

>>続きを見る

 

『自分の生き方さえ求めたら、現実の暮らしよう、生き方は必ずある。』

 

カテゴリー:人生/生死

だから、もし自分の生き方が今、定まっていない、地に足がついていないというのであれば、それはただ、自分がこの人生をどう生きていきたいか、この一生で何になりたいか、あるいは、このたった一度の命をどう使い切りたいかを見極められていないということだ。

>>続きを見る

 

『死は救いとは言いながら、そうは悟りきれぬものである。』

 

カテゴリー:人生/生死

しかし、これが『救い』ではない言葉であれば、悟りきれるものである。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

↑ページの上部へ


広告

↑ PAGE TOP