名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

やなせたかし『自分を犠牲にしても人を助けなきゃいけないという時があるんですよ。』

やなせたかし


日本漫画家 やなせたかし

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


それは間違いない事だ。例えば、目の前で最愛の人が理不尽な暴漢によって、殺されそうになっている。ちょっと勇気を振り絞り、暴漢に立ち向かっていけば、あるいはその人を助けることが出来るかもしれない。しかし、距離的に、自分だけその場から全速力で逃げれば、自分の命だけは助かるかもしれない。

 

そんな状況の時、全ての人間は問われることになるだろう。自分がその時、どのような行動をとることが、最も最善の道なのかということを。

 

モンテーニュは言った。

『賢者は、生きられるだけ生きるのではなく、生きなければいけないだけ生きる。』

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

やなせたかし『自分を犠牲にしても人を助けなきゃいけないという時があるんですよ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『アンパンマンは世界最弱のヒーロー。』

 

『生きていることが大切なんです。今日まで生きてこられたなら、少しくらいつらくても明日もまた生きられる。そうやっているうちに次が開けてくるのです。』

 

『今の日本も昔の日本も同じ。絶えず激動しているんだ。世の中というのは、決して静かにならない。』

 

『一瞬を一生懸命生きるということと、目の前にいる人を喜ばせる。毎日、それをやっていきます。それしかありませんね。きっと、これからも。』

 

『本当の正義というものは、決して恰好のいいものでは無いし、そしてそのために必ず自分自身も深く傷付くものです。』

 

『一日一日は楽しい方がいい。たとえ十種の病気持ちでも、運は天に任せて、できる限りお洒落もして、この人生を楽しみたい。』

 

『正義とは実は簡単なことなのです。困っている人を助けること。ひもじい思いをしている人に、パンの一切れを差し出す行為を「正義」と呼ぶのです。』

 

『バイ菌は食品の敵ではあるけれど、あんパンを作るパンだって酵母菌という菌がないとつくれない。』

 

『何が君の幸せ?何をして喜ぶ?わからないまま終わる、そんなのは嫌だ。』

 

『自分はまったく傷つかないままで、正義を行うことは非常に難しい。』

 

『芸術映画でなくても、見る人の心に残るメッセージは必要不可欠、それが僕の作品を作る上での信念なんです。』

 



↑ PAGE TOP