名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >  >

 

アインシュタイン『自分自身のことについて誠実でない人間は、他人から重んじられる資格はない。』

アインシュタイン


ドイツ理論物理学者 アインシュタイン

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


自分自身のことについて誠実でない人間ということは、そこにいるのは虚偽をまかり通らせようとする詐欺師だ。そういう嘘つきを、もし他人が重んじてしまうのであれば、その他人は『実像とは全く違う人物』を重んじることになるわけで、その人々も自分のついた嘘の道連れになる。

 

せっかくその人々は、自分のことを持ち上げて、重んじてくれるというのに、その思いやりを無下にし、軽んじてしまい、あるいは仇で返すということになるなら、これは人として最低という烙印を押される。犯罪の片棒を担がせてはならない。同じように、虚偽の片棒も担がせてはならない。

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

アインシュタイン『自分自身のことについて誠実でない人間は、他人から重んじられる資格はない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

アインシュタイン関連の書籍

 

同じ人物の名言


『挫折を経験した事がない者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。』

 

『男は結婚するとき、女が変わらないことを望む。女は結婚するとき、男が変わることを望む。』

 

『無限なものは二つあります。宇宙と人間の愚かさ。前者については断言できませんが。』

 

『科学はすばらしいものだ。もし生活の糧をそこから得る必要がないのなら。』

 

『私の学習を妨げた唯一のものは、私が受けた教育である。』

 

『真実とは、経験という試練に耐え得るもののことである。』

 

『すべての宗教、芸術、科学は、同じ一つの木の枝である。』

 

『正規の教育を受けて好奇心を失わない子供がいたら、それは奇跡だ。』

 

『この世は危険なところだ。悪いことをする人がいるためではなく、それを見ながら、何もしない人がいるためだ。』

 

『ものごとはできるかぎりシンプルにすべきだ。しかし、シンプルすぎてもいけない。』

 

『誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある。』

 

『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』

 

『知識人は問題を解決し、天才は問題を未然に防ぐ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP