名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

シェークスピア『神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。』

シェイクスピア


イングランド作家 シェイクスピア画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


ヴォルテールも、

『もし人間が完全であったら、人間は神なのだが…。』

 

と言っているが、これは、人間というものは、わざわざ『欠点を与える』ことをしなければ、無限の可能性を見出す驚異的な存在であるということの裏付けでもある。

 

だがしかし、例えばこれが、

『人間が神になってしまうので、欠点を与える』

 

という発想であれば、ちょっとそれも首をかしげる内容に変わってきそうだ。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    シェイクスピアの言葉を自分のものにする



    そもそも、『神』が『欠点が無い』と考えている時点でおかしい。『神』は人を殺したり、動物を殺したり、痛い目にあわせたり、悲しい目にあわせたりする。自然の猛威は時に、生命にとってあまりにも無残だ。

     

    それは例えば、ユングが、

    『ある人に合う靴も、別の人には窮屈である。あらゆるケースに適用する人生の秘訣などない。』

     

    と言っている様に、中には『神には欠点がある』と考える者もいるはずだ。 あるいはそんなことを考えるのは『人間だけ』なのか。確かに、『考える』動物は少なくともこの地球では、人間だけだが。

     

    ということは『考える』ことは長所なのか、短所(欠点)なのか。

     

    デカルトは言った。

    『我思う、ゆえに我あり。』

     

    思考することがなければ、我々は酸素や土や水や草木と同じように、ただそこに存在しているだけになる。ということは、『考える』ことで、人間は、人間になる。だとしたら『人間になるためには考えることが必要』で、『考えること』それはつまり、『欠点』になるのかもしれない。

     

    シレジウスは言う。

    『薔薇はなぜという理由もなく咲いている。薔薇はただ咲くべく咲いている。 薔薇は自分自身を気にしない。人が見ているかどうかも問題にしない。』

     

    長所とか、短所とか、そんなことを『考えて生きていく活動』を強いられていることこそ、『人間であり、神ではない』ということの、証なのかもしれない。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

    『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

     

    黄金律

    『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

     

    黄金律

    『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

     

    黄金律

    『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

     

     

     

    シェークスピア『神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

    >

     

    シェイクスピア関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『友情は不変といってよいが色と恋が絡めば話は別になる。』

     

    『共感は全世界の人間を親族にする。』

     

    『何でも起きるがよい。時はどんな荒れた日でも過ぎてゆく。』

     

    『剣で殴りつけるよりも、笑顔で脅かすがよい。』

     

    『ことごとくの雲が嵐をなすというわけではない。』

     

    『人の言葉は善意にとれ。その方が5倍も賢い。』

     

    『他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、心の傷はいやされなくても、気は楽になる。』

     

    『行ってしまって、それで事が済むならば、早くやってしまった方がいいだろう。』

     

    『一つの顔は神が与えてくださった。もう一つの顔は自分で造るのだ。』

     

    『うわべになにか「徳」のしるしをつけないような素直な「悪」はない。』

     

    『今後のことなんかは、ぐっすりと眠り忘れてしまうことだ。』

     

    『心も歓喜と快活に保つがよい。そうすれば百害を防ぎ、寿命をのばす。』

     

    『避けることができないものは抱擁してしまわなければならない。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP