名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

プルタルコス『人の価値は、不運の時、へこたれないかどうかである。』

プルタルコス


帝政ローマ著述家 プルタルコス画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


へこたれない人は、そもそも、それを『不運』と捉えているかどうかだ。恐らく、捉えていないからへこたれない可能性が高い。

 

ヘロドトスはこう言い、

『逆境には、人間のなかの強さや資質を引き出す力がある。逆境がなければ、それらはいつまでも眠ったままだ。』

 

トルストイがこう言った様に、

『逆境が人格を作る。』

 

その『不運っぽい状況』が、むしろ『幸運の前の予兆』であると考えるのだ。

 

 

ヘミングウェイは言った。

『運はいろんな形をして現れる。とすれば、どうしてそれがわかる?』

 

そもそも、なぜそれを『不運』だと決めつけたのか。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

プルタルコス『人の価値は、不運の時、へこたれないかどうかである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

プルタルコス関連の書籍

 

同じ人物の名言


『人間は、自分が他人より劣っているのは能力のためでなく、運のせいだと思いたがるものだ。』

 

『失うことを恐れるあまり必要なものを手に入れることも断念するという人は、理屈にも合わないし、卑怯である。』

 

『心とは、何かを入れるべき「器」ではなく、燃やされるべき「火」なのである。』

 

『貧窮の時に友たるは、友の最も大なるものなり。』

 

『眠りは、神からの唯一の無償の授かり物である。』

 

『失うことを恐れるあまり必要な物を手に入れることも断念するという人は、理屈にも合わないし、卑怯である。』

 

『髭は哲学者をつくらない。』

 

『恋と酒の共通点。人を熱くし、明るくし、くつろがせる。』

 

『偉大なる行為を目指す者は、おおいに苦しまなければならない。』

 

『人間は、自分が他人より劣っているのは能力のためではなく、運のせいだと思いたがるものなのだ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP